タグ別アーカイブ: お経

【怖い話】ある寺の呪いの祠を見に肝試しに行った

2018-06-20   怪異

私が中学生の時体験した怖い話。 よく心霊スポットに肝試しに行くメンバーがいた。 私:当時霊感ピーク時、怖いものなし若気の至り絶頂期 A:情報収集役 デブ B:お調子者、ムードメーカー イケメン C:怖がりだけど好奇心旺盛 […]

【怖い話】山奥の集落で不気味な石碑を見て以来、体調が良くない

2018-05-25   怪異

随分前だが一人旅をしていた頃。山奥のしなびた感じが好きで、道の許す限り車で入り込んだりしていたが、やたらと入り組んだ山道にはまって迷った。貧乏でナビもなく、地図は縮尺が粗くて使い物にならない。おまけに天気も荒れてきて山に […]

【山の怖い話】山小屋を囲む笑い声

2018-02-24   怪異

知り合いが体験した最恐の話。聞けました。知り合いが学生時代、登山で猛吹雪に遭い、山小屋で泊まる事になった深夜の出来事。仲間四人でくっついて寒さをしのいで寝ていたら、バンバンとドアを叩く音。真夜中に誰が?とドアを開けようと […]

【強すぎる煩悩】ある日突然、寺の鐘の音が全く響かなくなった

2017-04-01   怪異

同僚の話。ある年の大晦日、彼が檀家になっているお寺の鐘が、まったく響かなくなった。撞いてみても、鈍くこもった音が短く聞こえるだけだった。除夜の鐘は、人間の持つ百八つの煩悩を落とすためのものだという。しかし煩悩が強すぎる者 […]

葬式への奇妙な参列者

2016-11-28   怪異

おれが小学3年生のときに、母の従姉が死んだ。母の従姉と言っても、死亡当時は中学生だった。俺はその家に行くと、よく面倒を見てもらっていた。俺はそのお姉さんによくなついていた。 葬式のとき、坊主がお経を読む。もちろん、俺もそ […]

【怖い話】『黒い恐ろしいもの』から逃げ続ける異常な境遇

2016-10-25   家系

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐにいなくなった、と母親に聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことはない。そんなものだと思っていた。それが異常な境遇だということに気付いたのは、ずっと後になってか […]

お経の効かない幽霊

2016-06-24   心霊

この話は当時小学校低学年だった頃のあかねちゃんが体験した話です。 その日はちょうどお盆であかねちゃんは家族と県外の田舎の親戚の家に挨拶もかねて逢いに行きました。そこは片田舎で都会育ちのあかねちゃんには新鮮に感じて一日中遊 […]

鬼門にあたる神社で遊んでしまった兄

2016-06-18   怪異

お兄ちゃんが友達と遊んでいた時の話。 私の地元は田舎で、夜になると真っ暗で歩くのさえ不便になる。お店も、夜の12時ぐらいにはしまってしまう。真夜中に出かけたお兄ちゃん達は行く所もなく、暇を持て余していた。 仲間の一人が「 […]

母にだけ聞こえない声

2016-06-11   怪異

小学2年生の頃の話。当時二階建ての町営団地に住んでいました。まだ小さかったので夜の九時から十時の間に寝ていました。(といっても寝つくのはいつも十一時くらい)ある日いつものとおり二階の部屋で寝て、五分ほど経ってから壁の方か […]

霊感母

2016-05-05   妖怪

僕自身とお袋のお話です。お袋は霊感がやたらと強いらしく、いろいろなエピソードがあります。子供の頃、学校帰りの田んぼ道で「お帰り」と声を掛けられ、辺りを見回しても誰も居なくて。おかしいな~と思っていたら、声のした田んぼの地 […]