カテゴリー別アーカイブ: 心霊

山奥で見た花柄のスカート

2017-06-21   心霊

友達の話。学生時代林業科に所属していた友人の卒業研究は、山の木の落下物を調べる事だった。ある日、彼女がゼミの皆と山に入って落下物を拾う為の網を設置していると、目の端の方に時々花柄らしきスカートがふわりとよぎる。あれ?と思 […]

子供の頃にやった『目を閉じても見える』という不可解な遊び

2017-06-19   心霊 怪異

俺とねーちゃんの変な能力というか体験の話。「おもしろい遊びを聞いてきたよ」と、タオル片手にねーちゃん。なんか『目を閉じても見える』みたいな遊び?だった。まぶたを閉じてタオルで目隠ししたら、普通何も見えないだろ?目を開けて […]

雪山で見たある奇妙な足跡

2017-06-17   心霊

山岳隊でリーダーを務めていた男の話。雪山でキャンプをし、朝、外を見るとひとつの足跡が山頂へと続いている。やれやれ、寝すぎて誰かに先を越されたか。彼は苦笑いをした。装備をまとめ、足跡をたどって歩き出す。 いきなり雪原を踏み […]

湖の真ん中に若い女が浮かんでいた

2017-06-15   心霊

知り合いの話。湖に遊びに来た彼は、ボートを借り友人と乗り込んだ。なかほどまで漕ぎ出した時、オールに何か当たった。 湖の真ん中に障害物?? と怪訝に思い、水の中を覗き込むと「馬鹿、よせ!」と友人に襟首をつかまれ、ボートに引 […]

廃集落に一軒だけ残っていた家屋

2017-06-13   心霊

友人の話。里山を歩いていた時のこと。少し奥に入ったところで、小さな集落跡を見つけた。十に満たない家屋は、一つを残してすべて崩れ落ちていた。おっかなびっくり中を探索してみる。畳床の落ちた和室の片隅に、一つだけ小奇麗な小箱を […]

山彦がきっかけでついてきてしまった上半身だけの女

2017-06-11   心霊

山で自殺する人って結構多い。「おーい」って相手がいないのに呼びかけるだろ?当然自分は山彦を聞こうとしてるんだが、山で死んだ死体ってなかなか発見されないから、孤独がどんどん膨らんでいくんだよね。そんで、死体に気付いて貰えな […]

【山菜採りの怖い体験談】あの時もう少し先に進んでいたら…

2017-06-10   心霊

昔、春先よく山菜を採りにいく里山へ家族へ出かけた時の事。里山、というより丘陵地に近く、林道を車で分け入り、少し開けたところに駐車して山へ、分け入っていたのだけど。15分くらいした時、クラクションが長く鳴った。どうもウチの […]

とある泉を眺め続ける一人の男の話

2017-06-10   心霊 管理人イチオシ

遊歩道から外れた林の中、ぽっかりと陽が当たっている。そこには透き通った水がたたえられた泉があり、浅い水底では何箇所かで砂が柔らかく噴き上がっている。不思議と、見ていて飽きることがない。良い景色を望むなら、他にいくらでも場 […]

処刑場跡地のどんどん増える生首

2017-06-07   心霊

友人の話。フィールドワークのため、山に一人こもっていた時のこと。夕食後に水場で食器を洗っていると、何かが激しく後頭部に激突した。 ガンッ! 目から星が出た。溜まらず膝をつく。続けて重い物が水に落ちる音がした。何が飛んでき […]

深夜窓の外を覗くと、棺桶を担いで歩く集団がいた

2017-06-05   心霊

夜中にトイレに起きて、何気なく窓から外を眺めていると、無言で歩く集団が見えた。その道は山の奥へと続く道で、普段でも滅多に使わない。こんな夜中に何の用か?と不思議がっていると、やがて四人の人影に担がれた棺桶が見えた。誰かが […]