カテゴリー別アーカイブ: 怪異

薄野原で生首が急ににゅうっと出てきた

2017-09-20   怪異

友人の話。彼の家の近くの山には、広い薄野原がある。秋に薄の穂が風に揺れている風景、それを見るのが好きなのだそうだ。しかしそこで、一度だけ嫌な思いをしたことがあるらしい。 ある年、彼が薄野原の中をのんびり歩いていた時のこと […]

【首を抱えた男】「首のない地蔵様を知らないか?」

2017-09-19   怪異

ホントかどうか分からないけど、碓氷峠(旧道)の頂上に地蔵の首を抱えた男の霊が出ると聞いた。なんでも、昔、悪戯半分で地蔵の首を投げ捨てたワルガキで、散々怒られたあげく、地蔵の首を拾いに行かされたのだが足を滑らせたか何かでそ […]

【一部だけ春】雪山でみた陽炎

2017-09-19   怪異

一昨日、近くの雪山(丘?)に登った。いつもと違う道を歩きたくなり、自分は林の中に入っていった。15分ぐらい歩いてふと前を見ると、陽炎が見えた。「?」と思い、目を擦りまた前を見ると、陽炎は無くなっていた。陽炎のあった所の地 […]

山の一角に黄色いテープで封鎖された不気味な一角があった

2017-09-17   怪異

一年程前、仕事の取材で山に行った。取材も終わって、帰りのバスの時刻を確認するとあと一時間ほど時間がある。折角なので、近くの山を散策することにした。茶屋に置いてあった観光案内を見てみると「大樹の散歩道」なんて名前の散歩道が […]

奇妙な決まりのある山小屋の話

2017-09-17   怪異

環境関係の学校にいってる知り合いから聞いた話。山を数日間歩いて生態系の調査をする実習が行われることになった。使用する予定の山小屋が、どうやら地元人から避けられている場所らしい。実習前に、こんな注意を受けたらしい。 1、絶 […]

【鼬の怪異】某町の町長が亡くなった事故で車内から奇妙なものが見つかった

2017-09-17   怪異

知り合いの話。彼の村は山に少し入った所にあるが、明治になってから急に発展した。時の村長が有能だったらしく、様々な改革をしたという。その時期に村祭りも規模が大きくなったと伝えられている。 ある夏の日、村と里の間を運行してい […]

虫に刺されなくなる『嫌われ虫』

2017-09-15   怪異

私の体験した話。学生時代、地元のキャンプに参加していた時のこと。そこは藪蚊が多く、キャンパーは皆例外なくあちらこちらを刺されていた。私も例外ではなかったが、刺された中で一カ所、腫れ方の違う跡がある。普通に比べて倍以上も腫 […]

【不可解】水溜りに消えた犬

2017-09-14   怪異

知り合いの話。彼のお爺さんが、山村のバス停でバスを待っていた時のこと。道路の向こう側を、野良犬が一匹歩いていたという。何の気なしに見ているうち、犬は水たまりを渡り始めた。二三歩進んだ時、いきなり前足が地面に吸い込まれた。 […]

足音だけの『アトイさん』

2017-09-14   怪異

友人の話。アトイさんと呼ばれるものが出る山道が、彼の高校の通学路にあったという。日が暮れてからそこを通ると、ヒタヒタ、ヒタヒタと、まるで裸足で歩いているような足音だけが、すぐ後ろから着いてくるのだと。アトイとは“後追い” […]

【不可解】目玉の残った頭蓋骨【白骨化】

2017-09-01   怪異

こないだ田舎の実家帰った時山で変なもん見た。猫かたぬき?くらいの動物の骨が落ちてたんだけど、なぜか頭蓋骨に目玉だけ残ってんの。他の部分はほぼ白骨化して、干涸びた皮とかが引っ付いてる状態なのに眼球だけやたら瑞々しくて鮮度が […]