タグ別アーカイブ:

「たちいりきんし」の滑り台の先の別世界

2017-12-14   怪異

小学校低学年の頃の話です。その頃の私はいわゆる鍵っ子で、家に帰っても誰もいない寂しさから、いつも夕方遅くなるまで学校に居残って遊んでいました。たいていは友達といっしょに運動場でボール遊びをしたりしていましたが、4時半くら […]

家の庭を横切っていく白ずくめの女性

2017-12-06   怪異

幼稚園ぐらいのとき、両親が出かけていて、家に独りになったときがあった。俺は昼寝してたから親が出かけていたのを知らなくて、起きたときにだれもいないから、怖くて泣きながら母を呼んでいた。で、探してもいないから、あきらめて居間 […]

【心霊体験】橋の周りだけ妙に涼しかった

2017-12-03   心霊

道場で剣道を習っていたころの話。中学生まで、親父も通う剣道道場に行っていた。道場では、夏と冬の二度合宿をすることになっていて、今回話をするのは夏の合宿の時の話。夏の合宿は、道場で朝から夕方まで剣道の稽古に明け暮れ、夜は宴 […]

【不気味】深夜の球場を漂う細長い巨大な顔

2017-08-15   妖怪

3年前に体験したミステリアスな話。ウチから歩いて30秒くらいの所に公園があって、そこには甲子園の地区予選とかでも使われてる大きな球場がある。寝付けない日にはその公園に行って、夜風に吹かれながらタバコ吸ったり球場の周囲をグ […]

奇妙な決まりがある宿に泊まった時の話

2017-08-11   怪異

友人の話。彼はまだ若い身空で、温泉巡りを趣味としている。独身の特権なのか、思い立つとすぐに荷物をまとめ、単身出かけるのだそうだ。 以前、あまり人が来ない山奥の湯治場に出かけた時のこと。小さな宿が二つしかないような、寂れた […]

60センチもある巨大な顔だけが浮いていた

2017-07-02   妖怪

婆ちゃんが話してくれたひいじいちゃんの話。スッゲー昔の話だからいささか民話くさいが投下する。あるときひいじいちゃんが海釣りに行ったんだけど、そこはウチからひと山越えて行くような所だったんだと。んで、釣り自体は結構ツキがあ […]

人の顔になる奇妙な煙を見た話

2017-06-27   怪異

知り合いの話。彼女が幼い頃、子ども会のキャンプに参加していた時のこと。夕食の準備をしている皆の頭上に、白い煙が漂っていたそうだ。彼女の目はそれに釘付けになった。煙の中に隣家の小父さんの顔が浮かんでいたからだ。 見ているう […]

高尾山で体験した『木の顔化』

2017-06-22   怪異

二月に高尾山に登った。シーズンオフだから人気もほとんどなくて山頂には雪が残ってるような始末。なんか急にかったるくなってきたんで「山頂の茶屋みたいなところで蕎麦と熱燗呑んで下山しようや。」と友人と話していた。 約束通り、山 […]

【荒神様】排気口に挟まった侍の顔の正体【九州】

2017-04-16  

小学校6年生の二人は夏休みに田舎に遊びにきていた。祖父母の家を出て、自然豊かな田舎の中を探検して楽しくすごしていた。少し離れたところに薄暗い森のような場所があることに気が付き「行ってみよう!」ということになった。そこには […]

空家の窓いっぱいに○体の顔が覗き、すごい異臭がしていた…

2017-04-04   心霊

こんにちは。先月俺が体験した実話。ウチの近所には昔から誰も住んでいない家がある。何かいわくがあるとか、特に怖い見た目の家じゃなかったから、お化け屋敷などと近所の子供たちから噂されることもなかった。普通によくあるタイプの昭 […]