タグ別アーカイブ: 火事

【奇行】一家全員で体育座りする奇妙な家族【不吉】

2018-03-06   怪異

会社からの帰宅途中に新しい家があり、その家のベランダを見たら女性が体育座りをしている。それだけだったら変じゃないけどさ。よく見たら家族で体育座りをしているんだよね。女性・女児・男児・婆さん・旦那さん・犬という感じで。しか […]

実家が火事になった時、寝たきりの婆さんが歩いて逃げてきた【不思議な話】

2018-02-13   怪異

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭ったことがありました。当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために使った薪の残り火が原因で出火。寝ていたと […]

我が家に伝わる「開けてはいけない箱」に纏わる昔話

2017-10-12   家系

実体験だから怖いかどうか微妙で、特にオチもないけどせっかくの機会だから投稿する。僕の実家の天井裏には絶対に開けてはいけない箱がある。開けてはいけない箱の形状はいたってシンプルだ。10㎝四方の漆箱、埃をかぶり装飾は何もない […]

【踊る化物】真っ赤な毛に覆われた『アガザル』と不審火

2017-08-31   妖怪

同級生の話。彼は高校生の頃、帰宅途中に不気味な物を見たという。田圃に挟まれた狭い路の上で、何か真っ赤な物がゆらゆらと踊っていた。猿のようにも見えるが、顔がない。どうやら頭の天辺から足の先まで、赤っぽい毛で覆われているよう […]

【兄さんの酒】頻繁に放火のある某現場を収めた方法

2017-07-14  

私が現場に出ていた地方では猿のことはあんちゃん(兄さん)て言ってた。その現場内で頻繁に放火のある場所があって、こんな場所に道を通したから山の神が怒ってるんだって言われてどうしようかと考えあぐねて、結局「まあ、女同士なんだ […]

近所で火事があった夜、工場に一人で泊まり込みしていた

2017-05-25   心霊

大学生のころ、暇な時間を利用して泊り込みのアルバイトをしていました。場所は京都の宇治の山のふもとあたり。仕事は建築装飾用のFRPの制作で、夜遅くまで残業があったり、現場へ製品を取り付けに地方までトラック飛ばして行ったりで […]

【不可解】川沿いに揺れていた背丈ほどの炎

2017-05-13   怪異

昭和最後の年、息子夫婦の帰省の時の話です。混雑する列車と夜行バスに揺られ町の駅についたのは夜も11時を回った頃でした。町の知り合いのタクシーの運転手にお願いをし迎えに行って頂きました。息子夫婦の到着した駅からはタクシーで […]

洗ってはいけない『便所の神様』

2016-12-19   家系

うちの母方のばあちゃん家にも変な神様が便所に居て、木彫りの人形なんだが、洗ったりすると火事とか火傷とか、火に関係した嫌な事が起こるんだって。何か一回盗まれたけど、よくわからんが盗んだ人が返してきたりとか。従姉妹の妹がばあ […]

10年前に火事を起こしたとある別荘で…

2016-09-28   怪異

僕は関東某所の別荘地に別荘を持ってます。僕の別荘の周りは結構深い森と、未舗装の山道に囲まれています。飼っている犬を連れて散歩するのが別荘に行った時の僕の日課です。 10年近く前の7月、僕の別荘から200メートルほど離れた […]

部屋中が真っ赤に染まったアパート

2016-08-28   怪異

学生の時に住んでいたぼろアパートの話です。 家賃6万7千円で、6畳にキッチン付き、畳の部屋でした。そこで深酒をしてゲロゲロやりながら眠ると、何回か不思議な体験をしました。 朝の5時くらいになると、布団の下のほうから沢山の […]