【兄さんの酒】頻繁に放火のある某現場を収めた方法

私が現場に出ていた地方では猿のことはあんちゃん(兄さん)て言ってた。その現場内で頻繁に放火のある場所があって、こんな場所に道を通したから山の神が怒ってるんだって言われてどうしようかと考えあぐねて、結局「まあ、女同士なんだし、ひとつお手柔らかに頼みます。一献どうぞ」って酒を捧げた。そうしたら、その後、私の任期中には一度も火が出なかった。今もあの場所にそういう方がおられるのかどうか、もう遠く離れてしまったのでわからないけれど。

メールアドレスが公開されることはありません。