カテゴリー別アーカイブ: 妖怪

「自称お化け」の浮浪者の様な老人

2017-12-29   妖怪

妖怪か・・・・アカジイサンって知らねーかな。漢字で書くと垢爺さんだと思うんだが・・・ただの老浮浪者みたいな感じだけどなんか違うんだよな 。薄汚れた小豆色のスニーカー履いててマジで垢だらけだった。アカジイサンは飛ぶんだよな […]

【怪異の国、四国】夢で見た巨大な一つ目小僧

2017-12-28   妖怪

2年前の正月休みに、大学の仲間とドライブにいったのよ。高知にある仲間の実家へ一泊して帰ってくるプラン。運転は交代で、途中で疲れたら車内泊。で、1日目の夜に四国入りして、高知までは後4時間くらいだがさすがにばてて、一休憩し […]

肉塊の様な異形の怪物と憑き物の戦い

2017-12-27   妖怪

会社の先輩の親の七光り野郎が、意外にもいいヤツだった。現場からはちょっと嫌われてるが、基本的に丁寧で真面目な先輩はそこまで評判は悪くない。あんまり繋がりのある部署じゃないけど、最近ちょっとしたことで仲良くなった。現場でケ […]

山岳キャンプで遭遇した四足単眼の異形

2017-12-26   妖怪

親父から聞いた話。40年ほど前に山岳キャンプに仲間数人と行ったときの事、かなりの山奥で何者かの追尾を受けた。どうやら野生動物のようで、距離を開けてずっと着いて来ている。しかし足音はすれど正体はわからない。やがて夕刻になり […]

宮崎県の神聖な海で人魚を見た

2017-12-24   妖怪

うちの母方のじいちゃんは、宮崎県のウド神宮の奥の海(入っちゃいけないところ)で、素もぐりの最中人魚を見たと言ってました。視界を遮るほどの海草は、髪の毛だったらしく、その奥に、真っ白な美貌の顔が、笑っていたそうです。 それ […]

苗床を探し徘徊するキノコの妖怪

2017-12-21   妖怪

友人の話。 彼はかつて、山中で仲間とはぐれて遭難しかけたことがある。不安から歩き続けた彼は、脱水症状を起こして倒れてしまった。「俺、ここで死ぬんかなぁ。寂しいなぁ」そんなことをぼんやり考えていると、さくりという音がすぐ近 […]

【大量の蛇】母方に伝わる『サノアさん』の風習

2017-12-20   妖怪

母方の実家は、女には悪いモンがつく筋といわれていて、7歳と13歳の時に、実家近くにある神社の池のところにある小さな祠に、水と黒い石をお供えをして、その悪いモンから守ってもらう、という習慣がある。そこの神様は呼び方が「サノ […]

地元の峠道にある『鬼の腰掛け石』

2017-12-13   妖怪

知り合いの話。彼の田舎の峠道には、鬼の腰掛けと呼ばれている石があるのだという。昔、そこらの山には鬼がいて、峠を行き交う人を獲って喰らっていた。獲物が通りかかるのを、その石に腰掛けて待っていたという伝承話だ。 数年前、帰郷 […]

【大鰻?】山道で見た巨大な怪物

2017-12-11   妖怪

幼少時、実家の裏山で得体の知れない物を見たという。山道を歩いていると、すぐ目の前を黒くて長い物が通り抜けたのだ。大きい。蛇がするように横方向に見をくねらせながら、あっという間に藪の中へ消え去る。それが通り過ぎた道の上には […]

【奇妙な呪文】神社で見た『お面のおっさん』

2017-11-29   妖怪

子供のとき神社でどんぐり拾って遊んでいたら「あかいみあおいみきいろのめ ついてたたいてもちにすな」とかなんとか聞いたこともないような変な歌が聞こえてきたんです。子供の声だったんで、私もあたり見まわしたら、スーツ姿のおじさ […]