【妖怪目撃談】用水路沿いを歩いていたら河童の様な生物に襲撃された

小学生のとき、理科の先生が夜更けの帰り道で河童のような生き物に襲われたらしい。用水路沿いを歩いてたら突然背後から襲われ、組伏せられたあと、片手をつかまれ、すごい力で引きずられたとか。先生は無我夢中で、胸ポケットにあったボールペンを生物の腕に突き立て、怯んだところを近くの民家に逃げ込んだ。その家の主人に事情を話し、武装して恐る恐る見に行くと、生物はすでに立ち去ったあとで、弁当箱を入れてあった巾着袋が持ち去られていたという。生物の風貌は暗くてよくわからなかったが、背は小学高学年くらい、肌はヌメヌメしており、声などは発しなかった。とにかく力は半端じゃなく、大学時代柔道で鳴らした先生でもまったく太刀打ちできなかったらしい。

こんな話を朝のホームルームで、半ば半狂乱の先生から聞かされた。俺達は震え上がり、女子は泣きわめいた。それほど真に迫った語り口だった。先生は職員会議にこの話題を出したらしく、児童の集団下校と、大人の引率、パトロールを徹底するよう訴えたらしい。しかし、全く相手にされず、先生は半ばゲリラ的に保護者会でこの話を出し強く訴えたが、やはり一笑に付されてしまったとか。うちの母ちゃんもその場に居合わせたが、すごい剣幕だったらしい。ほどなくして、先生は休職してしまい(させられた?)、お別れ会もしないまま学校を去った。一連の騒動について語ってくれる先生は誰もおらず、すぐに風化した。その生物の目撃談は先生の一例だけだったが、俺は「誰も信じてくれない!だが先生は見たんだ!何かあってからでは遅いんだ!みんな用水路には近づくな、一人で歩くんじゃない!」と俺達に言い聞かせた先生の話が嘘や幻には思えないんだ。昭和のある田舎での話だ。

『【妖怪目撃談】用水路沿いを歩いていたら河童の様な生物に襲撃された』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2018/05/23(水) 22:21:18 ID:Q3NzQ0NzE

    新耳袋でもあったけど大きな湖や沼に繋がる水路沿いでは
    河童様なクリーチャーの目撃やら襲撃やらの体験情報はそこそこあるみたい

メールアドレスが公開されることはありません。