作成者別アーカイブ: kowabana

山奥の廃神社で見た変なもの

2015-07-13   妖怪

当時俺は小学5年生だった。 祖父がガンで死んでしまったので、急遽東北のド田舎に帰る事になった。 お葬式もなんなく終わって、大人は片付けがあるからお前は散歩してこいと言われ、祖父母の家の裏手にある山を散歩する事にした。 こ […]

山でのまじない

2015-07-13  

これは私が祖母に聞かされた昔話で、母が田舎にいた頃に、母の祖父に聞いたお話です。 母は中国地方にある小さな村で生まれ育ったのですが、 その村の裏の山には主(土地神)がいて、村人は年に数回お供えをしていたそうです。 そのお […]

島の迷い家

2015-07-12   妖怪

母の妹(ひさ子としますね)は小さい頃、毎日毎日遊んでいた子がいたそうで、髪は長くていつも赤いワンピースを着た自分より小さい女の子と遊んでいたそうです。 その遊びってのが変わってて、女の子は何もしゃべらないので一方的にひさ […]

徳島の秘境で

2015-07-12  

中2の夏。そのとき俺は、ちょっとした徳島の田舎の学校に通ってた。 この時期って言ったら、中学校生活でも一番暇な時期だった。 クラブは一応柔道をしてたんだけど、部員が全員中2で、数も5人しかいなかった。 その上顧問もかなり […]

蛇憑きの一族

2015-07-12   家系

うちの一族について書いてみる。 今から20年位前、俺は母方の爺さんに教えられた事がある。 爺さん「うちの一族は蛇憑きだ。一族の誰かが月の始めに卵を1つ棚(爺さん宅にある神棚)に置く義務がある」 俺「置くの忘れてたら?」 […]

鎖の音の正体

2015-07-11   心霊

今からお話するのは、おそらく毎日、私の身の回りに起こっていた出来事です。 それが日常だったから、気にも止めていなかったのに、 ふと疑問を感じて確かめたために見てしまった、という私の体験話です。 うちの両親は子供の夜更かし […]

ある家系の魔術書

2015-07-11   家系

もう大分昔の話だが。 まだ小かったうちの娘がね、絵を描いてたのよ。 絵書くのが好きだから、別に何でもない事だとその時は思った。 そしたら突然、「パァン!」と蛍光灯が弾け飛んだ。 びっくりして急いで子供を部屋から出したんだ […]

小学校3年の記憶がない

2015-07-10   怪異

私は小学3年の冬から4年の5月までの間、記憶がありません。 何故かそこの期間だけ、記憶が飛んでしまっているんです。 校庭でサッカーをして走っていたのが3年最後の記憶で、 それが突然に、学校の廊下の大きな鏡の前で立っている […]

悪意のある洞窟

2015-07-10   怪異

Sとある山にいった時、辺りを探検しようぜって話しになって、その辺歩いてたんだ。 そしたら、洞窟?なんだったんだろあれ。 とにかく穴があってさ、つくったものみたいだった。 面白そうだったから入ったんだよ。 そしたら、真夏だ […]

ある日を境に

2015-07-09   怪異

小学校に上がる前の記憶だと思う。 ある朝に目を覚ますと、隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。 家中を見て回るが誰もいない。 不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。 どんなに激しく揺り動か […]