タグ別アーカイブ:

ムジナの化学とのっぺらぼう

2018-01-28   妖怪

自分の親戚が和歌山のド田舎の小さい漁村に住んでて、子供の頃は夏休みはずっとそこに遊びに行ってた。そこって昭和10年くらいまでは、ムジナ(狸)がよく人を化かしてたって親族の爺さん婆さんから聞いたわ。それものっぺらぼう限定w […]

禁忌とされている夜の山での狩猟

2018-01-21   妖怪

昭和5年生まれの父親の話。わかりやすいように自己視点で書きますが、脚色はありません。父は地方の山村に生まれ、半農半猟の青年時代を送った。猟の腕は兄について回りながら鍛えたのもあり、30歳前には「目抜き」とあだ名されるほど […]

【人面牛?】廃坑のある山の謎の建物

2018-01-20   妖怪

奇妙なっ話てことで書きます。随分と前に、友人2人と俺と3人で廃坑になった山に行った時のことです。真っ昼間で季節は今くらいでした。車で中程まで入れるんですが、ちょっと広くなった場所があって、そこに車とめて、「少し探索しよう […]

「兎を丸呑みした猿」「キャンプ場で起きた異変」

2018-01-10   妖怪

母親がさ、田舎の生まれで、昔はよく山で遊んでたらしいんだけど、ある日、ウサギを飲み込んだ猿を見たんだってさ。喉のあたりがあり得ないくらいに膨れてて、口から覗く2本の足がヒクヒク動いてたそうだ。蛇じゃないんだから……そんな […]

夕張山地の謎の獣

2018-01-07   妖怪

昨日夕張山地を真夜中に走って目撃したもの。さすがに春だけあって、狐とかたぬきとかが道路わきで車のライトに目を光らせていた。が、残雪の上に子猫くらいの大きさで歩き方も子猫、真っ白で耳の長い生き物がとことこ歩いていた。耳の長 […]

山で聞いた謎の声と巨大な熊

2018-01-07   怪異

田舎で聞いた話。老人から聞いた話なので昭和初期か大正頃の話だと思います。ある猟師が山で獲物を追っていました。足跡や通った跡から考えると、かなり大きな熊のようです。当時、熊の胆は漢方薬として高値で取引されていたので、その猟 […]

音だけの獣に遭遇した

2018-01-06   妖怪

先日変なものに遭遇しました。夕方といってもまだ日没前で十分に明るい時間でした。里山の麓の田んぼ道をいつものように飼い犬の散歩で歩いていたのです。が、ふと背後からハッハッという呼吸音とスタッスタッと4つ足で走る足音が近付い […]

鎌倉の山中にある寂れた神社の屋根にいた化物

2018-01-04   妖怪

鎌倉の山で経験した話。銭洗い弁天から源氏山に抜ける山道から脇に反れた道を見つけブラブラと入っていってみると寂れた神社に行き着いた。そこまでは良くある事なのだが、屋根の上に何かが居た。とっさに頭を過ったのはバーバパパの子供 […]

山にある沼の近くで見た得体の知れないもの

2018-01-04   妖怪

山の沼の話。自分が10歳の時の話。自分と従兄弟(9歳男)と叔父さんとで家から少し山中に入った沼になまず釣に出かけたんだ。自分はあんまり釣には興味はなかったが、従兄弟(これは釣好き)と叔父さんが教えてくれるというので出かけ […]

異常に頭の大きな山犬の様な化物

2018-01-03   妖怪

知り合いの話。彼のお爺さんが猟師をしていた頃、山にヒトクチと呼ばれる化け物が出たという。獰猛な肉食獣で、獲物を一口に呑み込んでしまうことから、この呼び名がついたそうだ。凶暴な性質の上に知恵もまわり、罠には絶対に掛からなか […]