タグ別アーカイブ: 猟師

【怖い話】冬の山を彷徨う鎧

2018-04-20   妖怪

最近盆栽サークルで知り合った爺さんから聞いた話を書いてみる。爺さんは今はダム底になってしまった山奥の集落から引っ越してきたらしい。そこでは春夏秋は農業、冬はマタギになり兎や狸を撃って生計を立てていたそうだ。 ここからが本 […]

人魚が発見され禁漁区になった海で見た実際の人魚の容姿

2018-02-08   妖怪

俺の住んでたど田舎では”人魚を見た”というだけでそこが禁漁区になる。それが昔から続く風習だから。 ただそれだけの理由で禁漁区になる。実家を継いで漁師になった俺の弟は、その風習を使って金儲けを考えた […]

禁忌とされている夜の山での狩猟

2018-01-21   妖怪

昭和5年生まれの父親の話。わかりやすいように自己視点で書きますが、脚色はありません。父は地方の山村に生まれ、半農半猟の青年時代を送った。猟の腕は兄について回りながら鍛えたのもあり、30歳前には「目抜き」とあだ名されるほど […]

山奥の村で神隠しと戦った猟師達の話

2018-01-09  

長文になるけれど、猟師をしていた曾祖父から聞いた話。曾祖父の生まれた場所は、山奥の寒村で、高祖父は猟師だった。曾祖父は幼い頃から、父である高祖父と共に山々を歩き回って暮らした。曾祖父の村に、源三と言う猟師の男がいた。源三 […]

猟師たちの狩りが突然中止になった理由

2018-01-08   怪異

友人の話。彼の義理の父親は猟が好きで、地元の猟友会に所属している。ある時、その猟友会主催で巻狩りが催された。巻狩りというのは、多勢の猟師が狩り場を四方から取り囲み、獣を追い立てて捕らえる狩りなのだそうだ。義父は追い立てら […]

山で聞いた謎の声と巨大な熊

2018-01-07   怪異

田舎で聞いた話。老人から聞いた話なので昭和初期か大正頃の話だと思います。ある猟師が山で獲物を追っていました。足跡や通った跡から考えると、かなり大きな熊のようです。当時、熊の胆は漢方薬として高値で取引されていたので、その猟 […]

マタギに伝わる山神の声「サカブ」について

2016-11-06  

秋田のマタギたちの間に伝わる話に「サカブ」というのがある。サカブとは要するに“叫ぶ”の方言であるが、マタギたちがいう「サカブ」とは山の神の呼び声を指すという山の神は時たま、その神力を持ってマタギたちに「サカブ」ことがある […]

【山の主の子供】白いウリ坊と猪の群れ

2016-10-09   妖怪

オレの爺さんはもう死んじまったんだけど昔、猟師やってたんだ。よく山のおっかねー話も聞かされた。あるとき、爺さんが山で真っ白いウリ坊見たんだと。こりゃ珍しいと思って鉄砲でドカンとやったってんだけど死なねんだと。 はずしたか […]

沖縄に伝わる「ヨナイタマ」の伝説

2016-05-18   妖怪

さてヨナイタマ、ヨナタマと呼ばれる伝説は沖縄の宮古島、伊良部島と伝わっています。ある若い漁師が珍しい魚を釣り上げました。顔は女のひとで胸も丸みを帯びていて、れっきとした女性の胸でしたが、足はなく魚の尾びれでした。人魚は助 […]

片目の大イワナの怪

2015-10-06   怪異

秋田・岩手の県境の山里に住む元マタギの老人の話が、怖くはないが印象的だったので書く。 その老人は昔イワナ釣りの名人で、猟に出ない日は毎日釣りをするほど釣りが好きだったそうだ。 しかし、今は全く釣りをしなくなったのだという […]