人魚が発見され禁漁区になった海で見た実際の人魚の容姿

俺の住んでたど田舎では”人魚を見た”というだけでそこが禁漁区になる。それが昔から続く風習だから。 ただそれだけの理由で禁漁区になる。実家を継いで漁師になった俺の弟は、その風習を使って金儲けを考えた。禁漁区は5年もすれば魚のデカさがとんでもない事になってる。アブラメなんか1メートル近いのがあがったりするし、カサゴもオコゼも大きくなる。そこまでデカくなってしまうとぶくぶくに膨れて、なんの魚なのかわからない事もしばしばある。そんな魚はここいらじゃ売れないのでよそへ売りに行く。不思議と都会の人間は物珍しさで皮がぱっつんぱっつんのアブラメを高く買ってくれる。禁漁区にカゴさえ入れなければ釣りをしてもいい(本当はだめです)という謎理論で、それをやって弟は儲けた。しかしそんな日々も長くは続かなかった。釣りが趣味の俺と弟が一緒に釣りに出かけたある日。そのスポットは俺しか知らない秘密のスポットで初めて弟を招いた。小学生の頃から10年ほど通う場所で、大きなカレイなんかが釣れた。海底が砂で海藻が多く潮の流れが早いのと二枚潮で、不人気なスポットだったんだ。しばらく釣りをして弟が人魚を見つけた。 人生で初めての経験だった。想像していたものとは違っていた。アザラシのような尾っぽに、少し出た胸。 下着なんかはつけていなくて、髪の毛がある。こちらを背に泳いでたまに顔がこちらを向くくらいだったので、顔は確認できなかったけど、多分、あれが人魚と呼ばれる生物なんだと思う。そのことを家に帰ってから漁業組合に報告すると、37年ぶりの発見報告だったらしく俺のスポットは禁漁区になった。弟はその事を非常に申し訳なく思っていて俺に謝った。「○○くん(俺の名前)ごめん。実は禁漁区で釣りして他所で魚売ってたんや。バチが当たってしもうたんかもしれん。ごめん」ここで初めて弟の悪行を知った。多分バチとかじゃないと思う。 これでこの話はおしまい。


メールアドレスが公開されることはありません。