カテゴリー別アーカイブ: 家系

山村の祭の後に

2015-10-14   家系

祖母の昔語りで聞いたこと。 いつの頃からか分からないが、ある地区の言い伝えによると、祭りの後には何故か、必ずといっていいほど一人の行方不明者が出ていたそうだ。 行方不明になるのは決まって年頃の青年だという。 毎年、夜祭り […]

トイレの白い龍

2015-09-19   家系

子供の頃、トイレ行きたくなって目が覚めるの怖くなかった? オレはすごく怖くて、いつも母親を起こして一緒に行ってもらってた。 ときどき、母親の髪とか寝間着とか変に乱れてる時があって、そんな時は母親が何だか不機嫌だったんだけ […]

三本指で斑点模様の手

2015-09-19   家系

俺が子供の頃にあった怖い話。これがきっかけで幽霊とか妖怪を信じるようになった。 10歳位の頃、俺は身体が変な風にすごく弱くて、一週間程風邪で寝込む→次の一週間はめちゃ元気→また一週間寝込む、みたいな生活を繰り返してた。 […]

贄の子

2015-09-16   家系

小学校に上がる前だから4~5歳の時。 親戚だか誰かの確か結婚式だからと、新幹線に乗ってどこかへ行った。 どこかっていうのは覚えてない。確か新幹線に乗ったから、東京から見て西のほうだと思う。 両親はいなくって、祖母のお友達 […]

現実逃避の森

2015-09-15   家系

ネタくさい話。正直、俺も当事者じゃなかったら信じない。 実は俺、中学の時に死のうと思ってたんだわ。 スッゲーいじめにあってて、教師も見て見ぬフリ。両親はW不倫で俺に興味ナシ。 身体中に痣があって、その日は顔もボコボコで、 […]

猫又の呪いに対抗する守り刀

2015-09-11   家系

まず前置きがあって、俺の母方の先祖は何かしらんけど偉い坊さんだったらしい。 で、何かどえらい化け猫を退治したとき(7つ尾の猫又って言ってた)、 七代先まで祟るっていう呪いかけられたらしい(ちなみに俺で6代目)。 そんなん […]

滋賀県で泊まった蛙の民宿

2015-09-06   家系

滋賀県に旅行に行ったときの話。 無計画で行った俺たちは、当日の昼過ぎにある激安民宿を予約した。 琵琶湖から少し離れた、田んぼに囲まれた民宿だった。 バーベキュー、釣り、湖水浴を終えて夜8時ごろ、のっぺりした顔のご主人に迎 […]

受け継がれる霊感

2015-09-06   家系

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、 話せる様になってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。 正直、生きてる者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなかった。 知らないおじさんが玄関から入ってき […]

山で暮らす人々

2015-09-03   家系

24年前の話ですが、私の一家と親戚の一家で、長野県の山に行きました。 当時10歳の私と2つ年上の従兄弟は、「探検に行こう」と、 親の目を盗み、宿泊先の民宿から2人で抜け出しました。 山道を進み渓流で遊んでいましたが、時計 […]

古民家2階の異空間

2015-09-02   家系

もう20年くらい昔のこと。 俺が小学生だった頃に、田舎の婆ちゃん家に遊びに行った時の話だ。 婆ちゃん家は昔、蚕を飼っていて、古いがとても大きな家だった。 爺ちゃんは俺が生まれる前に亡くなったから、今では俺のお袋の弟さん家 […]