作成者別アーカイブ: kowabana

静岡での登山にて「前、代わらない?」

2015-08-04   心霊

大無間から光へ。これが一発でわかる奴は山が好き。 けど、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。 これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の話。 加々森は陰欝なピークだ。見晴らしがきかず […]

鬼とのチャンネリング

2015-08-04   妖怪

もう5、6年ぐらい前になるんだけど、ウチのジーサマがガンだったのね。 そんで、ジーサマびびりまくったのかどうか知らないけど、知人の霊能者とよく話してたんだわ。 どんな話してたのかは知らない。 で、その知人から、しょっちゅ […]

菜食主義

2015-08-04   妖怪

彼女は気が強く、山にも一人で出かけることが多かった。 紅葉狩りに行こうと、秋の谷へ出かけた時のことだ。 通る人とて無い細い道を歩いていると、木立の奥より物音がした。 覗いてみると、少し先の木陰で、大きな猿のような背中が樹 […]

独自の宗教

2015-08-03   家系

その家独自の宗教みたいのあるよね。 実家がそうなんだが、親戚や近隣の人にまったく知られないように秘密厳守で、何かウザイ。 崇めてるのが古く汚れた魚みたいな像で、拝む文句も、フーフシ、アヨカニ・・・て感じで意味不明。 色々 […]

バケモノに出会ってから

2015-08-03   妖怪

高校時代の友人が体験した話。 仮に佐藤とする。佐藤は隣県から僕の地元の高校に通学していた。 仲は良かったが、あまり自分のことを話さない性格だったので、よくわからない奴だった。 2年の夏休みに佐藤は、佐藤の地元の友人たちと […]

炭焼き小屋の怪

2015-08-03   妖怪

彼のお爺さんは炭焼きをしていたという。 ある寒い夜、窯の前で火の番をしていると、闇の中から声がかけられた。 「寒いから、そちらへ行っても良いか」 里の者だろうと思い「いいよ」と答えると、見慣れぬものが姿を現した。 それは […]

山猿の独り言

2015-08-02   妖怪

一人で山に登った帰り道でのこと。 いつの間にか、ブツブツと呟く声が、後ろの繁みから聞こえてきた。 身を硬くして振り返ると、繁みの切れ目から一匹、猿に似たものが姿を現した。 大きさや姿形は猿そのものだが、その顔は壮年の男の […]

くだんの話

2015-08-02   妖怪

知り合いの話。 学生の頃、友人にバーベキューに誘われた。 友人の家は酪農家で、町外れの山で小さな牧場を経営していた。 楽しく飲み食いしていると、敷地の片隅に変わった牛舎があるのに気がついた。 建物自体は普通だったが、入口 […]

四国の謎の集落

2015-08-02   怪異

四国の大学で地質学の卒論を書いた。フィールドワークで一人山に入るんだが、基本的に道路から外れた本当山中をあるく。基本的に山道を煤で川の上流まで上がってから、川べりを下りながら、露頭という地層が露出した個所を探しながら、車 […]

本家の仏像

2015-08-02   家系

中学の頃、オヤジが家を新築した。続き間の和室をふすまで仕切った一部屋がおれの部屋で、隣は当時同居することになった叔父の部屋。家を建ててだいぶ経ってから、なぜか本家からオヤジが仏壇を引き取ってきた。古くてでかい仏壇。置き場 […]