【山の不思議な話】迷子になった時に出会った単眼娘

学生の時、じいちゃんの田舎の森で迷子になった時の話。森といってもそんなに広くはなく、子供の時からずーっと探検してるから、どこがどういう道に出るとかはほぼ把握してる・・・・つもりだったんだが、その日は違った。30分ぐらいで帰るつもりだったんだが、さあ出口という所まできたはずなのに出られない。どこまで行っても木、木、草、草。うわーどうしようどうしようと思っていると、30mくらい先に小さな人影を見つけた。よかった、道を聞こう・・・・と一瞬思ったが、こっちを見たまま動かない。

しばらく固まっていると、ふいに人影が近づいて来た。黒っぽい色のちゃんちゃんこ?を着た、古い感じで、見た目は人間の子供の女の子そのものだった。が、目がおでこの所に一個しかなかった。恐怖に全身の毛が逆立っていたら、その子供がウタ(?)って呟いた。?と俺が戸惑っていると、ダダをこねるように地団太を踏んで、ウタ、ウタ!と騒ぎ出す。

それで、言い方は変だけど、ちょっと恐怖感が抜けてしまった。(歌って欲しいのか・・・?)相変わらず一つ目の子(?)は、ウーター!と俺の服を引っ張って騒いでいる。本当にその子が「歌」の意味で言っていたかどうかなんてわからなかったけど、とっさに思いついたのがなぜかミニー・リパートンの「ラヴィン・ユー」だった・・・orz

合唱団に入っていた俺は歌にはちょっと自身があって、とりあえずラヴィン・ユーを歌ってみたところ、一つ目の子はとたんに静かになって、聴いていた。ラララララ、の所なんか体を小さく揺らしていてちょっと可愛げがあったが、一つだけの目は、終始俺の方をじっと見ていた。で、たぶん全部歌ったと思う。大人しかったその子が突然「ン!」と言って指差した方向を見ると、じいちゃんの家がある村が見えた。やった、出られる!と思って、瞬間的にもう一度その子の方を見ると、その子はもう俺の側にはおらず、50mぐらい先にいて、森の奥へ消えていった。いやいや、ありえない・・・・突然またすごく怖くなって、急いで森から出た。あれからあの森には一回も入っていない。怖いのか不思議なのかよく分からない体験だ・・・。

『【山の不思議な話】迷子になった時に出会った単眼娘』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2018/04/06(金) 22:56:18 ID:IxOTM4OTg

    一つ目の人はみんな親切だな

メールアドレスが公開されることはありません。