【盆踊りの怪異】祭り会場をこっそり使う何者かがいるらしい

知り合いの話。大戦前のことだ。彼の里では、毎年夏の終わりに盆踊りを執り行っていた。規模は小さいながらも、会場には提灯を吊るし櫓が組まれ、夜店も出た。その里では大切な行事だったそうだ。

彼のお爺さんは、会場の設営や撤去などを手伝っていた。常々、不思議に思うことがあったのだそうだ。撤去片付けは祭りの翌日と決まっており、当日は簡単に片付けてから帰っていた。次の朝来ると、誰かがこっそりと会場を使用した後が見受けられたという。ごく一部だけだったが、前日掃いた地面に足跡が残っていたり、物を焼いた形跡があったりしたらしい。痕跡は明らかなのに、誰もそのことは口にしなかった。

「もしかすると、山から下りてくる何かと共存していたのかもしれない」
お爺さんはそう考えていたそうだ。戦後に農暦を使わなくなってからは、とんとそんなこともなくなった。今では隣町と合同で大きな盆踊りを開催しているが、夜の間に会場を使う者は、もういない。


メールアドレスが公開されることはありません。