【神の祭り】屋久島中の神様が通ると言われる道の話

むかし、尾之間のある年寄りが孫をつれて、モッチョム岳のふもとの宮方という山に、たきぎとりに行きました。この付近は、神無月(十月)になると、屋久島中の神様がモッチョム岳から割石岳の尾根に集まってこられるときの通り道であるといわれています。そのときは、笙、笛、太古の音がにぎやかに聞こえ、弓張りちょうちんの灯りもいくつも見えるそうです。じいさんと孫がたきぎをとっていますと、生あたたかい風が吹いてきて、そのところだけ草がなびいていました。

じいさんは前にもこんな体験がありました。
「ほぁ、ほぁ、金兵衛、神様が通いやっから、坐ってびんたを下げ」(ほら、ほら、金兵衛、神様がお通りだから、坐って頭をさげなさい)
じいさんは孫にこういって、しゃがんで頭を下げていましたが、孫は見たくなってそっと頭をあげました。
「あっ。」

一間ぐらいの幅に草がなびいて、その草の上をすべるように進むものがあります。頭は猿のように赤く、白ひげを生やし、白い衣を着流しの大男が過ぎて、見るまにモッチョム岳のほうへ見えなくなりました。それ以来、その孫はツンツン(耳が遠い人)になったというはなしです。

『【神の祭り】屋久島中の神様が通ると言われる道の話』へのコメント

  1. 名前:牛の首 : 投稿日:2017/07/12(水) 21:46:52 ID:Q5NDA5Nzg

    見てはいけないものを見てしまった者への罰なのかな?

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2017/07/12(水) 22:28:05 ID:I3ODE0Mjg

    なんの神様だったんだろう。

メールアドレスが公開されることはありません。