【めどづの赤子】岩手県某集落で河童の子を産んだ婆さんの話

岩手県某市。河童を「めどつ」と言う。五十年程前(明治26年ごろ)この家に出入りしていた福田の子なさせ婆さんが、一生一度おかしな者を生ませた事がある。

この山の上に住む寅という者の妻がめどつを生んだ。お産の時或る産婆が呼ばれたが、いくらたっても生まれない。何か大切な物を懐中に入れて来るのを忘れて来たとて、その産婆が帰って終ったので、代りに福田の産婆が頼まれた。それでもどうしても生まれない。

それを無理に生ませたらめどつであった。頭の上に袋があり、之をこわしたら水が一升位出た。この水がある間は千人力があって生まれなかったのである。これをこわしたら力が弱くなって生まれた。袋の様なものが顔に下っており、足と手の指は夫々六本、鼻の穴は一つしかなかった。

この女は山から帰ると必ず川に行った。毎日川に行くので或る人が怪しみ、ついて行ったら、だぶんと音がした。それが「めどつ」ではなかろうかと言われている。

『【めどづの赤子】岩手県某集落で河童の子を産んだ婆さんの話』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/07/13(木) 07:45:43 ID:cwNzQwNzM

    頭上の袋は髄膜瘤で中の水は髄液、顔の袋は嚢胞性ハイグローマ、多指症や鼻腔の欠損もひっくるめて染色体異常によくある話だっぺ。河童の元ネタの一つだと言われたら納得しちゃう。

メールアドレスが公開されることはありません。