ある一族の通過儀礼

友人の父親の家では代々、男衆が一定の年齢に達すると、その家にとっての“決まった土地”を、白い装束を着けて、決まり言葉を(念仏なのかな?)ずっと唱えながら巡るのだそうです。
大変過酷な場所を一人で行かなくてはいけないらしく、習俗とはいえ、荒行の域といっても過言ではないと思います。
そして、通過儀礼とはいえど、これを生き残った者のみが何かから許されて、その後の人生を続けていくような・・・。




ここまでは家系にまつわる話ですが、オカルトめいてくるのは、友人の父親がソレを行わなかった事によって起こります。
彼はまだ若いし、地方から都市部へ出てくることが多かった時代背景も手伝って、その土地を離れていたこともあり、「馬鹿らしい」と、その年齢に達しても戻らなかったんだそうです。まあ、よくある話ですよね。

ここから、友人に言わせると「堕ちて行く人生」だと。
左目が何の病気でもないのに失明。当時結婚したばかりだったのに、職も失い(技術系だったようです)途方にくれますが、子供も生まれる。
救いを求めても、家からは断たれたも同然の扱いを受けているため頼れず、精神のほうも病んできます。障害手帳も所持してました。

自分が友人と知り合ったときには、いわゆる生活保護世帯になっており、(本人から話してくれました)
日中は家に寄り付かず、夜中になるとどこで飲んでくるのか泥酔して、喚きながら部屋に戻ってくるのだそうで、家族からも疎まれている状態でした。今は一家離散状態のようです。

父親の家系の血を一番濃く引いたと取れる容姿(いわゆる陶器のように抜ける白い肌の美形w)、気質(とんでもない霊感の持ち主。いろいろ聞きました)の友人は、女性なので大丈夫だと思いますが、男兄弟がいらしたはずなので、彼がどうなったのか・・・音信不通だそうです。

仏壇のお守りを当番が見るために、村内を担いで回るというのは何かで見たのですが、上記のような“その家だけ”というのは珍しいかと思ったため、お話させていただきました。

『ある一族の通過儀礼』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/05(火) 23:40:26 ID:E0NTg2Njk


    友人に息子が生まれたらどうするんだろうね?

メールアドレスが公開されることはありません。