タグ別アーカイブ: 文献

【神話と地続きな呪い】とある国津神系神社の歴史

2017-12-23  

我が家の近くに、丘一つが神社の所領になっている所があります。境内は無く、石造りの廟があるだけ。鳥居は、丘の麓に建ててあります。この風変わりな『神社』、元々古墳です。調査した学者がいて、廟の形状から古代の墳墓であろうと言わ […]

身長三メートルの妖怪山巨女

2017-01-11   妖怪

昭和四十年代に書かれた古本のネタだけど。大正八年頃夕張炭坑であった話。仕事帰りの工夫が川で洗顔をしてたら茂みから身長三メートルの全裸の女数名がその工夫を山に引きずりこもうと襲いかかってきた。工夫の悲鳴を聞いた仲間たちがツ […]

【スリキレ人】人間が寿命と共にすり切れてゆく島

2016-07-10   家系 管理人イチオシ

ある者が、船で遠国に渡ろうとしたが、暴風に遭って小さな伊豆の島に漂着した。島の人は、この者を家に連れて行ってくれた。ふと見ると、この島の者は背丈の高い者もいれば低い者もいる。よく見ると、足のくるぶしの無い者、膝から下の無 […]

ぬっぺふほふ

2015-08-10   妖怪

文化時代の随筆『一宵話』より。 1609年(慶長14年)、駿府城の中庭に、肉塊のような者が現れた。形は小児のようで、手はあるが指はなく、肉人とでもいうべきものだった。警戒の厳しい城内に入り込む者は妖怪の類であろうと思われ […]

漂着した女型の巨人

2015-07-20   妖怪 怪異

その昔、藤原信通という人が、常陸守として任国にいたときのことである。 任期の終わる年の四月ごろ、おそろしく風が吹いた嵐の夜、某郡の東西浜(現在の茨城県?)というところに死人が打ち寄せられた。 死人の身長およそ十五メートル […]