蔵で精霊灯を作っていた「ヒノジイ」

私が小学校に通う前の頃、田舎の祖父母の家に住んでました。同い年どころか、祖父母以外に人をめったに見なかったので、暇で仕方なかった。

ある日、敷地内の蔵を探索する事にした。蔵は老朽化してたのか、天井には所々穴があいていて光が漏れ出してた。蔵の一番奥の光の溜まり場で、小豆洗いに似た妖怪(?)を見た。私よりだいぶ小さくて(多分30センチくらい)、風貌は水木先生の描く小豆洗いなんだけど、小豆は洗ってない。その小豆洗いをヒノジイと読んでいた。ヒノジイは、精霊灯と言うランプみたいなのを作る仕事をしてるらしい。

不思議な事に、ヒノジイの喋る言葉は頭の中に文字として入って来る。いや、文字じゃなくてテレパシー的なものなんだけど、説明が難しい。精霊灯の字も、小学校入る前なのに読めた(感じた)のも納得いく。そのヒノジイ、山々の精霊の欠片を集めて山の命を繋いでいくとか言ってた。毎日ヒノジイの仕事を見てたんだか、小学校行く年になり町に戻ってからは、今まで忘れてた。今日、たまたま年賀状の話をしてて、祖父母の蔵を思い出した。今年は祖父母の家に行くつもりなので、蔵を確認してくるつもり。

この頃のことをスッパリ忘れてた。両親も、なぜ小学校に上がるまで祖父母に預けて居たか分からないそうだ。

>>
>両親も、なぜ小学校に上がるまで祖父母に預けて居たか分からないそうだ。

俺にはそっちの方が謎。
自分の子供を祖父母に預けていた理由が分からない?なんだそれ?

>>
普通に考えたら「わからない」でなくて、本当は「いいたくない」、もしくは「いえない」だろ。

>>
俺の地方では『憑かれやすい』子供や『見える』子供を、一時的に田舎で過ごさせる習慣があったな。
何でも、都会より田舎の方が悪いそれらが居ないそうなので、
幼少期の大事な頃を平穏に乗り切れば、その後は普通に過ごせる様になるからだそうな。

『蔵で精霊灯を作っていた「ヒノジイ」』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/11/24(木) 09:12:02 ID:UyNTU2OTA

    単に共稼ぎで大変だから預けられていたのでは?
    それにしても両親の記憶が曖昧なのがね
    何か隠しているのかも。

メールアドレスが公開されることはありません。