幼いころ遊び相手だった『黒い影』とは…

大学の先輩が、いつか酒の席で聞かせてくれた話です。先輩のお母さんは、まだ先輩が赤ん坊の時に離婚してから、ひとりで先輩を育ててきました。お金がないので保育園にもやれず、先輩は一人で家に置き去りのままだったそうです。

ある日お母さんが早退して家へ帰ってくると、先輩が誰かと話す声がします。驚いて子供を見ると、先輩はひとりで空中に話しかけ、相づちを打っていたのだそうです。先輩はそのころのことをよく覚えていないそうですが、物心ついたときから「黒い影のようなもの」が自分の周りにいることはわかっていたそうです。

「黒い影」は幼い先輩の友達であり、親代わりのような存在でした。先輩が一人になると、「黒い影」は先輩に優しい言葉をかけ、一緒に遊んでくれました。先輩は幼な心に「黒い影」のことをお父さんと思っていたそうです。(もちろん、本当のお父さんは違うところにいます)

不審に思ったお母さんが四六時中先輩を見張るようになると、「黒い影」は姿を消しました。今でも時どき身の回りに「黒い影」の気配を感じる、と先輩は言います。ベッドの下やドアの陰に「黒い影」は隠れていて、少し寂しそうに笑っているのだそうです。

『幼いころ遊び相手だった『黒い影』とは…』へのコメント

  1. 名前:7c : 投稿日:2016/10/25(火) 19:59:20 ID:gzMDk1MDE

    働き手であるお母さんが四六時中先輩を見張るようになると・・・
    ビンボーになりました、キングボンビーです
    「しかたがない」
    先輩はそうつぶやくとおもむろに服を脱ぎ、白目をむき、尻を叩き
    ベッドに上り下りしながらビックリするほどユートピアを始めたそうです

    こっそり見ていたお母さんは頬を赤らめ自分の行いを反省し、また働いてくれてビンボー卒業!
    黒い影も、珍獣を見るように遠巻きに眺めるだけだそうです
    「やるじゃん、ユートピア」
    そういうと、服を脱ぎながら「さあ、今日もやるか!お前もやる?」
    いやです!

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2016/11/10(木) 20:54:29 ID:g5Mzk0NDc

    なんか切ない話だな・・・と思って読んでたら、↑のコメ見て台無しだよwww

メールアドレスが公開されることはありません。