捨てた”はず”の人形

ご相談者、高校生のA子さんのお話です。
このA子さんが学校から帰る途中、ゴミ捨て場の前を通ったとき、ビニール袋に入った可愛い人形(洋風)を見て、家に持ち帰ったのです。 そしてお母さんに「これ可愛いでしょ」と人形を見せました。するとお母さんは「何か気持ち悪いね、これどうしたの?」とA子さんに聞きました。

A子さんは「友達からもらったと」言いましたが、お母さんは「友達ってだれ?」と聞くので、後で嘘だとばれたら大変だと思い、A子さんは正直にゴミ捨て場から拾ってきたことを話しました。当然お母さんはA子さんに、「捨ててきなさい」と言いましたが、A子さんは「嫌だ!」と言って2階の自分の部屋に入りました。

困ったお母さんは、ご主人が帰ってきたら人形の話をして、捨てるように言ってもらうことにしました。夜になり、ご主人が帰ってきました。お母さんの話を聞いたご主人は、A子さんの部屋に行き人形を捨てるように言いました。そして、A子さんは深夜、泣きながら人形を捨てに行ったのです。人形を捨ててきたA子さんは家に戻り、親と口も聞かず2階の部屋に行きました。A子さんが自分の部屋の扉を開けたとき驚きました。ベットの上に、今捨ててきた人形があったのです。

次の日、A子さんが学校へ行く前、もしかしてお母さんが自分の部屋に入らないだろうか?と心配になりました。もし人形が見つかると大変なことになるので、どこに隠そうか迷っていました。クローゼットの中に隠せば分からないと思ったA子さんは、洋服の下に人形を隠し、その上からさらに物を置いたのです。そのクローゼットは扉の開け閉めがきつくなっており、簡単には開けられません。安心したA子さんは、もう大丈夫だろうと思い学校へ行きました。

日中、案の定お母さんは、A子さんが夜中に人形を取りに行ったのではないか?と疑い、A子さんの部屋に入りました。A子さんの部屋の中を見回しましたが、人形はありませんでした。しかしよく見ると、クローゼットの扉が開いていたのです。お母さんが扉の近くまで行くと、なんとクローゼットの中に人形が立っていました。お母さんはびっくりして腰をぬかしそうになりました。

お母さんはその人形を持って、ゴミ捨て場まで行きました。しかしA子さんが通る道なので見つからないような場所に隠して家に戻りました。家に帰り玄関のカギを開けたお母さんは腰を抜かしそうになりました。そこには今捨てた人形が玄関で立っていたのです。

『捨てた”はず”の人形』へのコメント

  1. 名前:水銀燈 : 投稿日:2016/08/29(月) 04:04:07 ID:A1NDUyMDY

    捨てるより古道具屋に売ればお金になると思うの。
    でも、また帰ってきたら、今度は別の古道具屋に売るといいわ。
    これを何度も繰り返すうちにお金持ちになれるわよ。
    そう、私は持ち主に富をもたらすドールなの。

メールアドレスが公開されることはありません。