事故が多発する公園

私の従兄弟が住むアパートの窓から広い公園が見えます。かなり広く大きな木もあって一見森のような公園です。この公園を囲んで住宅街があるのですが、夜は真っ暗で、すごく怖いです。

彼がそこに引っ越した直後のこと、その公園でお婆さんが首つり自殺しました。翌日パトカーとかで大騒ぎ。従兄は嫌な場所に来ちゃったな~と後悔したけど、もう遅い。それだけなら良くある事で片付くのですが、それからというもの、その公園を中心に事故が多発しました。

彼が仕事から帰った直後、自分のアパートの目の前で又別のお婆さんが車にはねられました。首吊り自殺も増え、公園の大きな木には「ここで首を吊るな」なんて冗談のような立て札が実際立てられています。近所にパトカーが来ると「ああまた誰か死んだんだ」と従兄もすっかり慣れてしまったそうです。そんなある日、異変が起きました。

従兄の部屋の寝室の窓が昼も夜もカーテンが閉まっていることを不審がる私に彼は言いました。
「死んだばあちゃんがのぞくんだよ」
カーテンの裏には新聞紙が窓に張ってあり、絶対見えないようにしてあるにもかかわらず、おばあちゃんは窓をたたいたりするのだそうです。従兄は何があっても夜窓から公園を見ないと決めています。彼はそのアパートに住んで6年になります。結婚するまではそこに住むのだそうです。

『事故が多発する公園』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/06/20(月) 21:12:51 ID:YzMTg2OTc

    こういう地味に想像をしやすい話のほうが怖いな。

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2017/06/27(火) 17:20:11 ID:c1OTY3MjU

    まず木を伐採する。
    植栽を花壇に変更。
    首つりできない遊具に変更。
    特に大事なのは盛大に供養とお祓いをしましょう。

メールアドレスが公開されることはありません。