山猿の独り言

一人で山に登った帰り道でのこと。
いつの間にか、ブツブツと呟く声が、後ろの繁みから聞こえてきた。
身を硬くして振り返ると、繁みの切れ目から一匹、猿に似たものが姿を現した。
大きさや姿形は猿そのものだが、その顔は壮年の男のものだった。
まるで人間のように、背中を伸ばして歩いていたという。
驚愕している彼の耳に、それの呟きが聞こえてきた。
「・・・だいすけ まさる まさゆき けんじ あきら・・・」
猿は、男性の名前を次々に呟いていた。
うち一つが、彼の父親の名前だった。
ピクリと反応すると、猿は呟くのを止め、嫌な笑いを浮かべて近寄ろうとした。
「違う。それは父の名前だ」
思わず力いっぱいに否定した彼を、猿は凄い目つきで睨みつけた。
しばし睨みあった後、猿はぷいと繁みの中へ戻っていった。
彼は、麓まで後ろも振り返らずに駆け下りたのだそうだ。

もしもその時、彼の名前が当てられていたら、何が起こっていたのだろうか。

『山猿の独り言』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/06(日) 03:50:15 ID:E3NTA0MDM

    「残念だったな、それは私のお稲荷さんだ ω 」

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2016/01/16(土) 04:25:53 ID:YyNDQ3OTU


    ピカチュウ、カイザア系のキラキラネームの被害者が、こんな山中にまでw

メールアドレスが公開されることはありません。