炭焼き小屋の怪

彼のお爺さんは炭焼きをしていたという。
ある寒い夜、窯の前で火の番をしていると、闇の中から声がかけられた。
「寒いから、そちらへ行っても良いか」
里の者だろうと思い「いいよ」と答えると、見慣れぬものが姿を現した。
それは大人ほどの大きさで、全身が黒い剛毛で覆われていた。
目鼻さえ見てとれぬ顔を見て、腰を抜かしかけたそうだ。
「ああ、やはりそうだ。お前も俺が醜いと思うのだな!」
それは哀しそうにそう叫ぶと、背を向けて山の中へ逃げていった。
お爺さんは終始口を開くことができなかったそうだ。

『炭焼き小屋の怪』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/12/23(土) 10:33:38 ID:gwOTc1NTA

    さとりかな?

メールアドレスが公開されることはありません。