船が航行不能になった理由

職場の後輩が、高校時代に実際に体験した話。
後輩の高校は船乗り?の養成やってる学校で、実習で実際に船にのって海にも出てたそうです。
これはグワムだかハワイだかへの、遠洋実習のときの話です。

航海から何日かした早朝に突然、船が航行不能になりました。
船長、教官以下で原因究明したところ、機関には異常はないが、スクリューが動かないことが判明しました。
船尾から観察したところ、どうやらスクリューに異物がからまったとのこと。

船尾から観察するかぎり、なにか大きいものがスクリューに巻きついて、よく見ると大型のイカからしかった。
巻きついていない触手が海に漂っているが、長さは少なく見積もっても15m以上はあった。
(基準は船体で、約50mだったそうです)
イカの本体は船体の下に入って確認できず、おそらくすでに死んでいる。
スクリューを逆転させても触手は排除できず、直接取り除く以外ない。

結局、ロープとカラビナでダイバー要員が二人、ナイフとノコギリを持って、
潜行作業のため海中へと消えていきました。
2~3分でダイバーが一人浮上し、
「作業は困難で一時間以上はかかる」のと、「絡まっているのは、見たこともないくらいの大型のイカ」と言った。

ダイバーは作業に戻り、浮き沈みしながら30分ほどたったころ、
突然二人のダイバーが一緒に浮いてきて、何か叫んでいます。

二人は「はやくあげろ!」と叫んでいました。
わけもわからず、船上で数人が二人のロープを引き上げました。
最中に、船に少し大きめの衝撃に続き、地震のような揺れがありました。
それはダイバーを引き上げた後も数秒続き、最後にまた大きな衝撃とともにおさまりました。
船上のいる者は一斉に海中を覗き込みます。
みな声を失いました。

船長以下が水面に見たものは、巨大なイカの本体部分と、それをくわえた有り得ない大きさの鮫の魚影でした。
水深は約3mほどを、目算で畳六畳ほどのイカと、体長20mほどの鮫の魚影。
シルエットでしか目視していないが、間違いなくホオジロザメに似た形。
それはそのまま海底へと消えていったそうです。

おれはこの話を聞いたとき、マッコウクジラかジンベイを見間違ったのではと疑いましたが、
同乗していたベテランも当のダイバーも、間違いなくホオジロザメだと譲らないし、
ジンベイがそんな大きいものは食さないとのこと。

結局スクリューは、シャフトを曲げられ作動不能になった。
おそらく鮫らしきものが、絡まったイカを無理やり引きちぎったのが原因らしい。

すったもんだして、救難信号で通りかかった日本行きのオーストラリアの商船に牽引してもらい、
数日後には日本に帰国したそうです。
スクリューに絡まったイカの足は、ほとんど消えていたそうです。

さて、彼らの見たものはいったいなんだったのでしょう?
いったい船長はどう報告して、航海日誌にはなにを書いたのか、興味が湧きます。
心霊とかじゃなくて、UMA系の話でした。

『船が航行不能になった理由』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/06/30(金) 09:45:20 ID:A4MjA1MDY

    大王イカとメガマウス

メールアドレスが公開されることはありません。