【ほんのり怖い話】戒めに来た亡き祖母

中学生の時の事です。夏休みのある日、お菓子買いたさに家中のタンスや水屋の引出しを漁って、小銭は無いか、と探していた事がありました。しばらく探したら、水屋の引出しから一枚の写真が出てきました。それは、何年か前に亡くなった、祖母の葬式の祭壇の写真でした。「なんで、こんなものを写しているんだろう・・・」と、いぶかしくも、その写真をしげしげと眺めてみると、祭壇中央に祭ってある丸い鏡の中に、何か写っているのが見てとれました。(うちの家は神教なので、鏡を祭壇に飾る)それは、毛糸の帽子を被った、祖母の顔そのものでした。婆ちゃん子で、可愛がってくれた私の、浅ましく、情けない姿に、亡くなった祖母が戒めのために出て来てくれたのかな、と思うと、なにやらもの凄く申し訳ない気持ちになってしまい、小銭は諦めました。


メールアドレスが公開されることはありません。