異常に頭の大きな山犬の様な化物

知り合いの話。彼のお爺さんが猟師をしていた頃、山にヒトクチと呼ばれる化け物が出たという。獰猛な肉食獣で、獲物を一口に呑み込んでしまうことから、この呼び名がついたそうだ。凶暴な性質の上に知恵もまわり、罠には絶対に掛からなかった。村人から犠牲者が出るに至り、ついにヒトクチを退治することになった。

大規模な山狩りをおこない、とうとうヒトクチは仕留められた。死体を改めてみると、異形の姿をした山犬のような獣だったらしい。黒い体毛は短くて、身体の大きさは牡鹿ほどもあり、異様に頭部が大きい。恐るべきことに、体長の半分近くを顎が占めていたという。村には死体を入れずその場で焼いて埋め、塩を撒いたのだそうだ。人間は深い山の中まで、理由もなく踏み入っちゃいけない。一体全体、どんな怖いものが出てくるか分からないから。お爺さんは彼にこう言っていたそうだ。

メールアドレスが公開されることはありません。