【神罰】金毘羅神社での漁師祭で起きた窃盗行為

ウチの地域では毎年、豊漁を願って漁師祭りを行なう。地元だけでなく近隣の市町村からも関係者が集う。ある町から参加の要請があった。実はこの町の漁師たちとは過去にトラブルがあり、また手癖が悪いとの評判も聞いていたので誘わなかったのだが、
同じ漁師仲間だし拒否することはできないだろうと参加を認めた。そして当日、「金毘羅神社」で大漁祈願・海上安全を祝う神事があり、その後漁業協同組合から漁具や魚介類の販売が始まった。だが案の定と言うべきか、どさくさに紛れて窃盗行為があった。しかし、そのニヶ月後、その町の漁業長が自ら謝罪と弁償を申し出てきた。担当者は訝しく思い謝罪に至った理由を訊くと漁師祭り以降、漁獲高は減り、しかも盗んだ二人が亡くなったらしい。地元では「金毘羅さんも大したもんだ」とひとしきり話題になった。


メールアドレスが公開されることはありません。