【大量の蛇】母方に伝わる『サノアさん』の風習

母方の実家は、女には悪いモンがつく筋といわれていて、7歳と13歳の時に、実家近くにある神社の池のところにある小さな祠に、水と黒い石をお供えをして、その悪いモンから守ってもらう、という習慣がある。そこの神様は呼び方が「サノアさん」(サというよりシャかな?)、もしくは「サンノアさん」「サーノアさん」(シャンノアさん・シャーノアさん?)という感じで、私も二度サノアさんにお参りにいった。20歳の時まで悪いモンにつかれなかった時は、今度は白い石を持っていき、それをお礼としてお供えして、黒い石は池に放り投げて、サノアさんに清めてもらう。

20歳の時まで悪いモンにつかれなかった時は、今度は白い石を持っていき、それをお礼としてお供えして、黒い石は池に放り投げて、サノアさんに清めてもらう。母もお参りをしたが、母のすぐ下の妹は13歳の時に何かの事情があって、(母は詳細を言うのを嫌がった)お参りをしなかった。

その人は精神を病んで、現在は精神病院へ入院している。そしてさらに一番したの妹も、体が弱く入院していて、お参りを一度しなかった。その人は19歳の時、ある駅のトイレで自殺をした。

母と三番目の妹は、二度ちゃんとお参りをしたから大丈夫だった、と母は言う。本当かどうかわからないけど、ちょっと怖いので、もし自分に女の子が生まれたら、念のためお参りに連れて行こうと思う。

ちなみにちょっとズレるけど、母は末の妹が自殺する前の日、偶然かもしれないけど、家の中で大量の蛇をみかけた。その蛇たちはタンスの裏側にするすると入っていき、いそいでタンスの裏を覗いたが何もいなくなっていた。自殺と関係あるかどうかはわからないけど、もしかしたら蛇が関連する神様なのかも、と思ったりします。

『【大量の蛇】母方に伝わる『サノアさん』の風習』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2018/10/20(土) 02:35:06 ID:I0MDcxMDE

    蛇鍋パーティー

メールアドレスが公開されることはありません。