【山の妖怪】直径30センチの素早く動く毛玉

大学進学までは生まれ育った甲信越の地方都市で暮らしてたのだけど、秋と冬は毎年恒例行事のように親父とたらの芽、キノコを採りに行った。今でも覚えている小5の春、たらの芽のシーズンのこと。たらの芽は刺がすごいから使い古したスキーの手袋で採るのだが、自分の手袋を忘れて来てしまったので、親父一人で山に分け入り、俺は車の周囲でカッコいい枝を拾ったりして遊んでいた。

それにも飽きてしまい、ちょっと車から離れ探検風なことを始めた。やがて落ち葉と木の生い茂る急斜面に出た時のこと。斜面の上から「ザザザザ!」と落ち葉をかき分けるような音と、沸騰したやかんみたいな「シュー」という音が聞こえ近づいて来る

「!」未体験なシチュエーションに俺は強ばり、隠れることもできずその場に立ち尽くしている。段々それは近くなる。「シュー、ザザザア・・・」いよいよ俺の前に到達しようとする何かを俺はしっかりと見た。

直径30cm強の正円の毛で出来たボール。色は狸にホントによく似た焦げ茶と黒のマダラの球体が、手足もないのに、意思を持つかのように木々をよけ、スラロームしながらスゴイ勢いで目の前1mを転げて行った。「うわ!うわ!」俺は恐怖と驚きで車に飛んで帰り、戻って来た親父に話したが、多分イタチか狐だなあと言われた。相手にされなかった。その後十年位して、友達の家で暇つぶしに読んでた鬼太郎の文庫版のあるシーンで手が止まった。ノツチとかなんとかって言う妖怪がそれに近くて。妖怪なんて仮想のもんだろと思ったが、初めてちょっと信じた。いきなり思い出したからちょっと書いてみた。

『【山の妖怪】直径30センチの素早く動く毛玉』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/07/04(火) 22:15:02 ID:k1NDg5NDI

    ツチコロビですね。峠の神ともされ、危険な怪異ではないようです

メールアドレスが公開されることはありません。