巨大な日本人形を運ぶ黒い手

今から8年ほど前、彼氏とその友達と、私と私の友達との6人で遊んでいて、山に肝試しに言った時……というか、騙されていった時の話です。車の中でその話を急に言われて私と私の友人は怒りましたが、チャラ系だった彼氏は聞く耳を持ってくれませんでした。向かった山には廃神社が山の中に転々とあるような場所らしく、そういった怖いのが苦手な私は、とても気持ちが暗くなっていました。

その彼氏の友人の中に、いわゆる「友達の友達」の男の人(Rさんとします)が1人いました。最初に紹介された時に挨拶したのですが、Rさんはにっこり笑って会釈をするだけでした。車の中でも、楽しそうに話す彼氏達をよそに、Rさんは、一人で音楽を聞きながら真っ暗な外をずっと見ていました。結構イケメン+金髪茶髪がほとんどだったメンバーの中でも一人黒髪だったのもあり、何というか、色んな意味で目立っている人でした。

車を止め、さあここから山道を歩いていくぞと言われた時、正直泣きそうでした。懐中電灯があるとは言え、あたりは本当に真っ暗。私はミュールを履いていましたし、草木も生い茂っていて……道中、私はずっと彼氏の腕に抱きついていました。やっべーやっべーとかバカ笑いしている面子にイライラしながら。そのまま数分、懐中電灯で照らしながら歩くうちに、すぐに行き止まりに行き着いてしまって、彼氏とその友人達は少しガッカリした様子でしたが、私はもう帰れると思い少し安心しました。

そうして、皆が引き返そうとしたときでした。パキ、パキ、と何かが枝を折るような音がこちらに近づいてくるのです。一瞬にして全員硬直し、じっとその場から動けずに居ると、やがて、懐中電灯の明かりに照らされた、それが現れました。

それは一言で言うと、
「等身大の黒い日本人形を乗せたリヤカーと、それを押す黒い2つの手」でした。手より向こうはどういうわけか何も居なかったのです。黒い手はゆっくりとですが、リヤカーを押し進めながら、こちらに近づいてきました。しばらく皆固まっていましたが、誰かが声にならない声を上げ、それに続くように、リヤカーの脇をすり抜けながら全員走り出しました。

本当に運の悪いことに、このタイミングで私のミュールの紐が切れてしまい、足を挫いてしまいました。痛くて走れないので思わず彼氏の名前を呼びましたが、彼氏は私を置いて逃げてしまっていました。異形のものが居る、深夜にも近い時間の山奥にたった一人。私はずっと泣き叫んでいました。

しかし、パキ、とまた音がしたと同時くらいに、一人、引き返してきた人が居ました。Rさんでした。この状況で戻ってきてくれる人が居たという事実に、嬉しさというより、驚きの方が強かったです。「立てるか?」という声に、私は首を振りました。Rさんが歯軋りしたような顔を浮かべた時、私の左側に、あのリヤカーと黒い手がすぐそこに居ることに気付きました。

息が止まりそうにりましたが、ふとRさんの方を見ると、彼はニヤリと笑っていて、「ちょっと此処で待っていてくれ、話をしてくる」と突然そのリヤカーに近づいていったのです。そのまま黒い手の側に行き、身振り手振りで何かを話していました。黒い手は、Rさんと、暗闇を交互に指差しているような動作をしていました。数分後、スタスタと帰ってきたRさんは私を負ぶってくれ、そのまま運んでくれました。後ろが気になりましたが、振り向く気にはなりませんでした。

車があった所に着くと、なんと彼らは私達を置いて逃げていたのです。この時点でもう、彼氏とは別れるつもりでいました。ため息をついたRさんは、「このまま来た道を歩くしかないなあ。」と、なんと、私を負ぶってそのまま2キロほど歩いてくれました。

そうして最終的に最寄の駅のタクシー乗り場まで着いて、私達はタクシーで帰りました。車の中で、さっき、何を話していたんですか?と恐る恐る聞くと、Rさんは「一応、謝ってきた。」とだけ言いました。私はと言うと、もうRさんに惚れてしまい、その場で付き合って欲しいと言いましたが、「絶対言うと思ったw止めといたほうが良いよ、そういうのは、止めといた方が良い」と言われてしまい、そのまま何も言えませんました。

その後、元の彼氏からは何度か連絡がありましたが、はっきりと交際を断りました。

『巨大な日本人形を運ぶ黒い手』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/07/05(水) 00:04:30 ID:A5ODMyMTI

    等身大の日本人形とか怖いわー
    それと話をするRさんも有る意味ヤバい。
    彼女の方はなんというかアホで尻軽

メールアドレスが公開されることはありません。