【鳥肌】野営地で犬に似た奇妙な鳴き声を聞いた話【人外のモノ】

彼は学生の頃、映画作りに嵌まっていたという。サークル仲間と一緒に、短篇ホラー映画を製作していた時のこと。訪れる者とていない、ある山奥の廃村を舞台にしたそうだ。撮影に入って二日目の夜、ある鳴き声が皆の目を覚まさせた。
 ワン!ワン!ワン!ワン!・・・

犬の声だ。遠くから聞こえてくるが、何故か耳によく通る。一頭だけのようだが、どことなく奇妙な調子の声だった。鳴き声はだんだんと近づいてきており、さては野犬かと、皆緊張したという。やがて声の主は野営地に侵入し、テントの廻りをぐるぐると回り始めた。その時になってようやく、鳴き声のどこが奇妙なのかがわかった。ワンワン鳴いているのは犬ではなかったのだ。

・・・ワン!ワン!クソ!ワンワン!クソッタレ!ワン!・・・
犬の泣き声を真似している何かは、時々悪態を混ぜながら一晩中テントの周りをうろつき、明け方にやっと去って行った。辺りの湿った地面には、何の痕跡も残されてはいなかった。結局、廃村の映像は使われず、その作品も未完成のまま日の目を見なかった。

『【鳥肌】野営地で犬に似た奇妙な鳴き声を聞いた話【人外のモノ】』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/06/16(金) 06:05:09 ID:UwNzQ3ODQ

    TDNかな?

メールアドレスが公開されることはありません。