裏山に『匂いと音だけのヒト』が住んでいるんだけど

友人の話。家の裏山に分け入っていると、背後から足音が聞こえてきた。誰だろうと振り向いたが、近くに人の姿はない。立ち止まっている彼女の横を、そのまま足音だけが通り過ぎていった。
微かにお香を炊いた匂いがしたそうだ。

「家の山にはオコウさんが住んでるって、昔から聞かされているんだ。オコウさんが何かは伝わってないんだけど、もしかしたらアレだったのかもね」
大したことでもない様子で彼女はそう言っていた。


メールアドレスが公開されることはありません。