青白い球体が浮かんでいるのを見た直後、そこの家から葬式が出た

幼稚園児の頃のある夜のこと。窓が開け放たれていたので、多分 夏のことであったと思う。ふと夜中に目を覚ました私は、何気なしに自室(二階)の窓から外を覗いた。ゴム毬くらいの大きさはあろう球形のものが、青白く尾を引きながら一軒先の家の屋根伝いにフワフワと飛んでいた。

後にも先にもこれを見たのはこの時だけで、日を置かずその家で葬式が出たので「あれは人魂だったのか」と一人納得していたが、このスレでのヤマドリにも似ているな、と…。ちなみに家は山(いわく有りげ)の近くにありました。


メールアドレスが公開されることはありません。