【山怖】異形の者が山に入ったニンゲンを狙う方法

山守が若い頃、ある山に初めて入った時のこと。場所が分らないので、年嵩の案内人と一緒に山道を歩いていた。途中、小さな谷にかかっている丸太を並べた橋を渡る際、ふと下を見ると、丸太の隙間から覗いている眼が見えた。

一瞬通り過ぎてから慌てて振り返ってみると、案内人が、顔色も変えずに杖の先を隙間に突き立てていた。直後、谷から何かが落ちたような水音が聞こえてきたが、案内人は振り向きもしない。
『時々、ああやって人を狙うヤツがおるからな。気をつけなされ』
世間話でもするような口調でそう言うと、歩みを緩める事もなく、ひょいひょいと杣人を追い越していった。

『【山怖】異形の者が山に入ったニンゲンを狙う方法』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2018/10/19(金) 12:54:20 ID:AyOTcyOTU

    痛い!!
    かわいそうに。

メールアドレスが公開されることはありません。