神隠しの言い伝えがある山で夜中録音したテープ

山岳部時代の後輩から聞いた話です。彼は鳥が好きで、山岳部に入部してきました。なので、一年中、山に登るときは録音の出来るウォークマンを持ち歩いていました。その彼がある山にキャンプに行った時のことです。夜の鳥の鳴き声を録音しようと思い、夜になってからテントを出て、キャンプ場から離れた場所にウォークマンを持っていって録音していました。結構長めのテープだったので、録音ボタンを押したあとはテントに戻り、翌朝、回収しに行ったそうです。翌朝、回収しに行き、テープを再生してみると鳥の鳴き声が入っていて、ちゃんと録音できたと思ったそうです。その日の昼に山を降り、帰りの電車で昨夜のテープを聴いていると鳥の鳴き声の中に聞いたことが無いものが入っていました。「ヒヒヒヒ、ヒヒヒヒ」と言う、笑い声のような鳴き声です。「なんて鳥の鳴き声なんだ?」と思い聞き続けていると、その声が一つではなく、増えているのです。「ヒヒヒヒ、ヒヒヒヒ」と鳴き声ばかり聞こえてくるようになりました。気味が悪くなり、「先生、これ、なんて鳥の鳴き声ですか?」と顧問に聞かせてみると、「おい、これは人の声じゃないか?」

確かに人の声のように聞こえました。よく聞いてみると子供のような高い声もあれば、しわがれた声も入っています。「おい、このテープいつ録音したんだ?」と顧問に聞かれ「昨日の夜です。キャンプ場の近くの茂みにセットました。」と言うと、顧問は苦い顔をして「あのな、あの山は昔から神隠しのある山って言われてるんだよ。そうじゃなくても城跡があったりといわくが多いんだよ。それにな、夜の山にはなにがいるかわからん、今度から夜になってからは録音するのはやめとけ。」と、怒られたそうです。そのテープは神社に持っていき、彼とテープも御祓いをしてもらいテープはそのまま預けてきました。今でも、鳥の声を録音することはあるそうです、しかし、もう夜は絶対に録音しないと決めたそうです。


メールアドレスが公開されることはありません。