山男が取り戻しに来た「女の黒髪」

山の奥には山人が住んでいます。栃内村和野の佐々木嘉兵衛という人は今も70歳くらいでご存命です。
このおじいさんの若いころ、猟をしていて山奥に入りますと、岩の上に美しい女がおりまして、長い黒髪を梳いておりました。顔の色がとても白い女です。

嘉兵衛は不適な男だったので銃を向けて撃ちました所、女は倒れました。駆けつけて見れば、背の高い女で、黒髪はその背をも超えていました。打ち取ったしるしにと、その髪を少し切って、懐に入れて帰りました。帰り道の途中、どうにも眠くなって物陰でまどろんでいると、夢と現の間に背の高い男が近寄ってきて、懐から手を入れ、髪を取って行きました。すると、すぐに目が覚めました。これはきっと山男だったのでしょう。

『山男が取り戻しに来た「女の黒髪」』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2017/03/22(水) 23:54:53 ID:E3NzU0Mzg

    出典書いてないけどこれでいいのかね?

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2017/03/24(金) 00:26:27 ID:M3NDY0NTI

    遠野物語の現代語約?

メールアドレスが公開されることはありません。