カテゴリー別アーカイブ: 家系

小人の呪文

2015-06-28   家系 心霊 怪異

大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラーメン屋に遠出して、その帰り道に、くねくねと蛇のようにうねる山道を通った。 昼間は何度か通ったことがあったが、夜になると、これが同じ道かと思 […]

男子禁制のお守り『ハカソヤ』の正体 その2

2010-10-22   家系 管理人イチオシ

一体、これは何なんだろう?私は妙な方向に思考をめぐらせていました。生理の時に汚れたショーツを放置しとくと、こんな固まり方するんだよね…。布が変な並打ち方して固まって…。てことは、これ血…?一人前のはなむけのお守りに、なん […]

立ち入り禁止の「かみ屋敷」 その2

2010-02-28   家系

そこから、本当の恐怖というか何というか。まず私はそれまで霊感ゼロだったというのに、よく金縛りにあうようになりました。それも、金縛りにあってる間、四足の犬のようなものが身体の上にのっかってる感じがするのです。何だか酷く獣臭 […]

人生を狂わせた肝試しの懺悔 その4

2010-02-26   家系

Bはあの場所で死んでいたそうだ。Aは外で狂っていたらしい。そして、Bの遺体を廃屋から連れて帰った青年団の中で、1人が翌日事故で死亡。2人が精神を病んで病院送りになったそうだ。Bの死因はハッキリしていないが、外傷も無く病死 […]

人生を狂わせた肝試しの懺悔 その3

2010-02-26   家系

人形は…玄関に立っていた。俺は叫び声を上げたつもりだったが、声がかすれてゼーゼー音がするだけだった。口の中がカラカラで、ぎこちなくみんながいる方に歩いて行くと、AとBがもみあってる声が聞こえた。 A「B!やめとけ!やばい […]

人生を狂わせた肝試しの懺悔 その2

2010-02-26   家系

橋までの道と同じような藪が少し薄いだけという、獣道にも劣る旧道を2~3分程歩くと、右手から苔と雑草だらけの砂利道が合流してきた。 流された橋の先にあった車道だろう。そこから100m程だろうか、クネクネとS字カーブを曲がっ […]

【家系の風習】決して読んではいけない文字 その2

2010-01-27   家系

次の瞬間、いきなり祖父に後ろから抱きしめられて、手で口を塞がれた。俺が困惑してると祖父がそのまま座ろうとしたので、俺も座ろうとしたら「座るな」って言われた。祖父の声だった。すると抱きしめる力が弱くなって、祖父はそのまま座 […]

【髪被喪】傷口から無数の髪の毛がぞわぞわと出てきた2

2010-01-15   家系

とりあえず、僕と爺ちゃん、婆ちゃんで、隣のKの家に行くことになりました。爺ちゃんは、出かける前にどこかに電話していました。何かあってはと、父も行こうとしましたが、母と一緒に留守番となりました。Kの家に入ると、今まで嗅いだ […]