都の女の祠

俺が子供の頃住んでたとこは、家のすぐ後ろが山だった。
俺はよく一人でその山に入って探検ごっこをしていたが、毎年じいちゃんが山に入るなと言う日があった。
その日は何か特別な雰囲気で、じいちゃんは近所の人たちと、近くの寺に寄り合って御詠歌を唱えていた。
俺はじいちゃんに理由を聞いたが、教えてもらえなかった。
当時から馬鹿だった俺は、何かワクワクしてきて、じいちゃんが寺に行ったのを見計らって山に入った。

竹藪を越えてしばらく行くと、大きな岩があって、そばに小さな祠がある。
いつもはひっそりとしているその祠に灯りが灯され、 お供え物が置かれていた。

それを眺めていると、後ろから女の人の声で「あこ…」と声がした。

俺は焦って振り返ったが、何も居なかった。
しかし、カッカッカッと不気味な音がこちらに近づいてくる。
俺はびびって叫びながら山を駆け下りた。

俺は泣き叫びながら竹藪を抜け、家の中に入った。
そこには寺から帰ったじいちゃんがいた。
俺の顔色を見たじいちゃんは、「お前山に入ったのか!」と俺を叱りつけた。

じいちゃんが俺を寺に連れて行き、住職がお経を唱えてくれた。
じいちゃんが「子供やから逃げられたんや」といったので、理由を聞いたが教えてはくれなかった。

そんなことも夢の中の出来事のように思っていたのだが、
久々に里帰りした時、偶然住職に会いその話になった。
すると住職は、「因果というもんやな」といってこんな話をした。

昔、都からさる高貴な女性がこの地域に逃れてきた。
彼女は身ごもっていて、村人に助けを求めたが、
村人は巻き込まれることを恐れて助けなかったばかりか、男たちがなぶり殺してしまったという。
それ以来、祠を立ててまつってはいるが、昔は山で変死するものが多く出て、
それで命日には山に入らず寺に籠もるようになった、という話だった。

『都の女の祠』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/21(月) 23:41:20 ID:EzMDk5NDM


    あこ=吾子か、哀しいな

メールアドレスが公開されることはありません。