雑誌ライターの体験談

現在進行形で起こっている『呪い』に関するネタ投下するわ。
こっちが向こうの呪いに気付いているってサインも込めて。

私はいわゆるパワーストーンや占いが大好きなスイーツ脳の女で、ソレ関係の本も出版しているライターをしている。
自称、霊感有りだが、本当にあるのかどうかはわからない。
取材もかねて、パワーストーンやヒーリング、フラワーエッセンスや霊感アロマなどの取材を、
趣味と実益を兼ねて首を突っ込みまくっている。
最近、女向けの雑誌で、『パワーストーン』『ワークショップ』なんて単語を目にすることがあると思う。あれね。
ああいうののチョーチン記事を書くのが仕事。

その日も、ある山間のヒッピーの店のような場所で、ワークショップが開かれるというので首を突っ込んでみた。
ヘンプとか自然食とか売っている店で、見るからに怪しい。
だけども、そこが癒しのスポットに見えるらしいんだわ、スイーツには。
そのワークショップってのが、
石を使って相談者のハイヤーセルフ(高次元の存在・守護霊みたいなもの)とコンタクトをとる、というものだった。
ワークショップの主催は、細っこい中年女性で、
『すぴこん』(※スピリチュアル系のサービスや商品販売の見本市)などに出入りしてそうな人。
このスレでいうところの、石好きみたいな人だった。第一印象は悪くなかった。

私は、そういう広義の意味での占いみたいなことをする人には、
引っかけとしてわざと「OLです」なんて嘘を吐いてみるんだけど、
それすらも見破れない程度の霊感の持ち主だったので、
「ああ、これは空振りだったかも」と諦めモードに入ってしまった。
仕事の内容も、過去私がやり尽くしたことを霊視するだけで、未来視はゼロ。
肝心のハイヤーセルフからのメッセージも、「?」と思うような内容。
石とコンタクトを取ったり、天使が見えたり、妖精を呼んだりできるらしいけど、どうも眉唾っぽい。
しょうがないから自分から、
「私、スピリチュアル系のライターやってて、仕事で悩んでて、その相談に来ました」
というと、ものすごく食いついてきた。
「是非お友達になりましょう!是非!是非!」なんて、しつこいぐらい食い下がられて、
メルアドだけは教えてしまった。
そのとき、なんか嫌~な予感がして、
自分の仕事をしている方のペンネームは教えず、本名と生年月日だけしか教えなかったんだわ。
その後もそのワークショップ主催者から何回かメールがあったんだけど、
なんとも言えない気持ちの悪さを感じて、メルアドを変えてしまったんだ。
その人のパワー入りの水晶のブレスなんかをお礼にもらったんだけど、
何だか嫌な感じがして付ける気にならなかった。




メルアドを変更して、二、三日経った頃の話だ。
私の部屋はフローリングで、荷物はすくなく、ベッドもなく、床に布団を敷いて寝ているんだが、
夜中、いきなり目が覚めた。案の定金縛り。
自分の体が疲れている金縛りなのか、霊由来なのかの区別ぐらいはつくので、
おおう久しぶりに霊が来たぜネタにしてやろう、とドキドキしていたら、こいつがとんでもない奴だった。
ずず、ずず、と、布団の周りを何か重たいものを引きずる音がする。
どうやら腕だけを使って這い回っているらしい。
それでも私は自衛隊の匍匐前進を思いだし、怖いどころかちと笑ってしまった。
真上を向いて金縛られているので、奴の姿は見えない。

笑いを堪えながら金縛りに耐えていると、
「○○さーん(本名)、○○さーん」と、私の名前を呼ぶ声がする。
拾った霊にしては私の名前なんか呼びやがって、なれなれしい奴だな、と思ってると、
「どうして返事くれないのー」なんて言いやがる。
あ、あのワークショップのあいつか。
ワークシップなんて開いて占い師のまねごとなんかするぐらいがだら、
他人の所に想念を飛ばすぐらい屁でもないんだろうな。
眼球だけ動くので、あいつかどうか確かめようと思って、ちらりと顔を覗き込んだ。
あいつかどうかはわからなかった。だって、包帯で顔中ぐるぐる巻きだったから。
それでもって、ちょうど目の位置に当たる部分だけ、赤い血の染みが浮き出ているんだ。
それで、真っ赤な目に見える。
血の染みは嫌だなあ、サイレントヒルみたい(まだ余裕)、とか思っているうちに、すーっと気を失ってしまった。

で、翌朝。目が覚めると、なんか部屋中がクッサイの。
血なまぐさいとは違う、生命由来の嫌な臭いで、あまりの臭さに目が覚めた。
布団の周りには、でっかいムカデが何匹も死んでた。
ただ死んでるだけじゃなく、
なにか重いものですりつぶして、私の布団の周りをぐるぐると引きずったような跡があるわけ。
これには参った。
資料として読んでいて開きっぱなしのページの上にも、私が脱ぎ捨てた服の上にも、全部にムカデの体液。
臭いのなんのって。
それが、朝起きたらすでに乾きかけてるの。
悔しいやら気持ち悪いやら吐きそうになるわ、泣きながら雑巾で刮ぎ取った。
服は洗っても洗っても臭いが取れないから捨てた。

後日。
ライター仲間に、そのワークショップの主催者について聞いてみると、ライター仲間でも知っている人がいた。
「天使」「妖精」「水晶のパワー」とか言っているわりに、とにかく上昇志向の強い人で、
なにがなんでも売れたいという気持ちがすごい人として、ライターの間ではよくない方に有名だったらしい。
そのライターさんに、体験した話をすると、
「そう言えばその人、足と目が不自由なんだよ」ということだった。
ああ、だから匍匐前進で、顔を包帯でぐるぐる巻きにして目から血を流しているんだ、ってわかったよ。
「ハイヤーセルフからのメッセージっても当たらないんだけどねアハハ」みたいに笑って話していたけど、
ハイヤーセルフや守護霊のメッセージは受け取れなくても、
すごい呪いをかけることができる、呪術師としての才能の方がある人なんだなーと思ったわけ。
そんな奴にペンネームなんか教えたら、仕事にどんな影響を及ぼされていたかと思うと気が気じゃない。

今、パワーストーンブレスとか流行ってるでしょう。
ああいうのにパワー込めるとか、天使がナントカとか妖精がナントカと言っている奴の中には、
こうやって得体の知れないパワーを込めている奴もいるから注意して欲しい。
もし、自分が悪霊の立場だったとして、このスピリチュアルブームに便乗しない手はないと思うからさ。

『雑誌ライターの体験談』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/16(水) 03:31:08 ID:YyNjQ5NzU


    でも、真名を教えてしまったんでしょ?
    あーあ
    スピリチュアル・ライターって脇が甘いのな

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/23(水) 10:43:33 ID:MzMjc5MzA

    足と目が不自由なんだよ」ということだった。

    って、あんた占ってもらったのに気付けなかったの?ww
    >>ワークショップの主催は、細っこい中年女性で、

メールアドレスが公開されることはありません。