池に誘う擬態ババア

幼稚園の頃、『うちのタマしりませんか?』というキャラクターが好きで、よくグッズを買ってもらっていた。

家族でキャンプに行った日のこと。
両親やお兄ちゃんは食事の支度をしていて、私は暇を持て余していた。
すると、木の蔭からなにかが手招きしている。ひょいひょいと。
タマだった。リアルタマ。タマっぽいんじゃなくて、あのまんまの絵柄で存在するの。
私はとてもテンションが上がり、タマの方へ駆け寄った。タマはタッと走り出した。
タマはどんどん奥に行き、私は追いかけた。




すると、大きな池のふちにたどり着き、またひょいひょいと手招きをし、池に入り始めた。
私は水遊びするんだ!楽しそうと思い、タマについて行こうとしたその時、
「○○子!!」と叫ぶ声で我に返り、振り返るとお父さんがいた。
「タマがいるんだよ」と言い、タマの方を振り返ると、
身長が120cmくらい?の、しわくちゃで白髪がまばら、はだけた白装束の老婆が、
醜悪な顔でこちらを睨み、「ふう」とためいきをつくと、そのまま池に消えて行った。

あれはなんだったんだろう??
お父さんは見えなかったという。

『池に誘う擬態ババア』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/02/19(金) 16:21:07 ID:U5MTQ4ODI

    タイトルセンスありすぎで吹いた

  2. 名前:匿名 : 投稿日:2016/02/21(日) 11:05:49 ID:cyNTA2NTE

    しわくちゃのばばあが着ぐるみ着てショタを狙ってたんだな

メールアドレスが公開されることはありません。