ペットの神隠し事例

何度かオカスレでカキコした事だけど、目の前で飼っていたカメが、水槽から消えた事がある。あの消える瞬間の、“ズルッ”と言う無くなりかたが不気味でした。

発泡スチロールのトロ箱?で飼ってました。手に乗せてエサをあげたり遊んだ後、いつものように箱にポチャッと入れました。今日はやたら水が黒く濁っているなぁ?と思ったその時、カメは黒い陰の中へ泳いでいき、そのまま“ズルッ”と消えて、カメの気配が完全に消えました。(静まりかえった水面)目の前から消えたので、怖さと「そんな馬鹿な!?」感で、バケツを用意して何回も全て浚ったんですけど、やっぱり死骸も見つからず。

カメの大きさはせいぜい5-6cmのアカミミガメ。箱の縁の高さは15cmほど。2-3ヶ月は飼育してました。ドロや水草に紛れてしまったわけでもなく、死骸も出てきませんでした。可能性としては、「消えた」と思い浚ったあと、徹底的に浚おうとしてバケツを用意する間に、ネコかカラスか何かが来て、水中のカメを持って行った・・・ぐらいです。私の神隠し体験でした。

この話を友人に事あるごとにしていたところ「いつの間にか亀が二匹になっていた事がある」と言う女の子に会いました。カメはテレポートする生き物・・・と笑い話になりましたが・・・、冷静に考えると怖すぎ。ちなみに、子供の頃から“手にしていたモノが跡形もなく消え去る”と言う体験は他にもあります。が、ほんとに目の前で消えていった瞬間を目撃したのは、このカメの失踪の時だけです。

『ペットの神隠し事例』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/12/10(土) 10:21:47 ID:U3ODU0NjY

    Ⅹ-ファイルになっちまうなー。

メールアドレスが公開されることはありません。