猿のようなものに歯をもらった

一週間ほど前になるが、庭先で猿を見つけた。
でも本物の猿じゃなくて、猿と人間の中間くらいの生き物か。
早朝だったので、最初は夢かと思ったんだが、軽く顔洗って見直してもやっぱりいた。

あまりの衝撃に腰が抜けそうになった時、猿と目が合ってしまった。
猿は少し笑って、俺の近くに何か置きながら喋った。
ガラス越しの上、猿の口はモゴモゴしてるだけだったんだが、
テレパシーっぽい感覚で、何を喋っているのかは理解出来た。
『サンヌキカノ(?)というのが来るから、来たらこれを見せろ。
自分で取ったと言えば向こうもくれるから、後は庭に埋めてしまえ』
すると猿は、そのまま素早く庭の塀を越えて行った。

外へ出て確認すると、猿が何か置いた場所に歯が落ちていた。
人間の歯だと思う(多分奥歯)。

一応、今も保管してるが・・・・・・何が来るか恐ろしくて眠れん。

昼寝してたら、婆さんが外に立ってた。猿の時と同じ庭先。
周りが田舎だから、近所同士だと庭の方から来る事もあったんだが、
その人は明らかに知らない人で、格好も上品な着物だった。
寝起きでボンヤリしてたら、婆さんがガラスをコンコン叩いた。
開けてくれみたいな感じだったんだが、そこで俺も目が覚めた。
「誰ですか?」って聞いたら、「サンヌキカノと申します」だと。
婆さんはニコニコ笑ってたが、それが逆に怖かった。
でも、引き出しに入れといた歯を出して見せると、空気が変わった。
「どうしたんですか?」
「取って来たんです」
「本当に?」
「はい」

それから少し無言だったが、婆さんの顔から笑顔が消えた。
そして、袖の中から何か出して足元に置いた。
置く時に中腰くらいに屈んだんだが、そのままの姿勢で、俺の目の前から猛スピードで立ち去って行った。
外に誰もいなかったので、多分目撃者とかはいないと思う。
庭に出ると、やっぱり歯が一本あったので、洗ってから撮影した。
暗くなると怖いので、夕方前には庭の空いた所に二本とも埋めた。

人だった、多分。
窓越しに話しただけだが、まだ怖い。
サンヌキが苗字で、カノが名前じゃないかな。
普通の婆さんだったよ。

地元は東北。
もう全部終わったと思うけど、気にならないと言えば嘘になる。
地元の資料館みたいな所があればいいんだが、どうもなさそうだ。
聞き込みとかして、変なタブーだったりしても嫌だし・・・・・
あまり詮索せず、何もない事を祈りたい。

でも今朝早く、親が歯を埋めた辺りに雀の死骸を見つけたらしい。
もう捨てたみたいだから、撮影出来なかったが。
まぁ撮ろうとしたら、確実に止められるだろうけど。




子供の時に年寄りから聞いた話しだから、うろ覚えなんだけど、
サンノキって妖怪?鬼みたいなのがいて、大声で泣いてる子がいると声を頼りにやってくる。
やって来る前に泣きやめばよし、泣きやまないと印を付けられる。
印をたどって夜にサンノキが家に来て、子供を攫おうとする。
戸締まりがしっかりしていればいいけど、窓や戸が開いてると攫われるから注意、だったと。
攫われなくても、印がついたら病気になるとか、そんなのも言われた気がするな。

町内会の掃除があったので、歯の事を聞いてみた。
婆さんの名前は、忌み名らしい。
だから、「人に話したりすると不幸が広がるので話すな」と言われた。
猿や婆さんが何者なのかは、詳しく分からなかった。

でも、昔は死人の歯を一本抜いて、お守りにする習慣があったらしい。
どこでもそうだった訳じゃないし、今はもう続いていないが。
多分、猿は御先祖様か何かの使いで、婆さんから守ってくれたのかと。

「もう名前を広めた」と言ったら、
「護符をやるから、名前を逆に唱えて祈れば厄も落ちる」と教えてもらった。

『猿のようなものに歯をもらった』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2015/12/18(金) 02:11:00 ID:gyODI5NjI


    聞き込み不足です
    上がり込んでお茶飲んで漬物齧って、距離を縮めて尋ねましょう
    再提出期限は1W後です

メールアドレスが公開されることはありません。