幼い頃、同じ父親が二人いた話

4~5歳くらいまで、父親が2人いたんだよ。それも、浮気とかじゃなくて、同じ父親が2人。
意味がわからないと思うけど、顔かたちはまったく同じなんだけど、目つきだけが異様な感じがする、とにかくこの世のものとは思えない存在だった。

どういうときに『そいつ』が来たのかは覚えてないが、いつもの父親と同じように家に帰って来てた。でも、俺も母親も、『そいつ』が父親じゃないってことは肌で感じており、玄関の前に来たときから震えていた記憶がある。そして『そいつ』は家の中に入ると、決まって家具や皿をめちゃくちゃに荒らすんだよ。俺は恐くて目をずっとつぶってるんだが、耳には母親の「やめて!」という声が今でもこびりついている。断言できるが、俺の父親は優しく、そんなことをする人ではない。でも、顔が同じで性格がまったく逆の、もう1人の『そいつ』は確かにいた。

今、そのことを親に言っても、「そんなことはなかった」しか言われない。
あれはなんだったんだ・・・

>>
二人が同時に家に居たりするんですか?
つまらない質問でスマソ

>>2
いや、それはなかった。
とにかく恐怖は、いつも父親が仕事から帰ってくるときから始まっていた。
大体本来のやさしい父親が帰ってくるのだが、たまに『そいつ』が帰ってきてた。

>>2
そうなのかねえ。
でも、玄関を開ける前から、俺は『違う』ってわかってたきがする。
今、家族に聞いても、暴れていた事実自体がないという。

>>
その怖いお父様は、暴れた後どうするんですか?
一通り暴れた後、フッと消えちゃったりするなら怖いけど。

>>
俺はそのとき目をつぶってるから、詳細は不明。
でも、しばらくしたら静かになって、荒れた室内を母親が直していた気がする。

>>
酒癖わるい親父だっただけですな。
よくいるよな。ふだんはいい人なのに、たまにわあわあわめきながら帰ってくるおっさん。
お母さんも思い出したくもないから言わないだけ。

>>
酒は飲まないです。
とにかく、俺の中では別人というイメージしかない。
というのも、暴れている最中、父親の声がまったく聞こえなかったからかもしれない。
普通は暴れているなら、「うおぉ!」とか「ふざけんな」とか、聞こえそうなもんだけど。

>>
普通なら自分自身に対して多重人格が起こるシステムが、
この場合は外的に作用して、『ふたりのお父さん』を作りだしてしまったのかもしれないね。
「虐待されている自分は自分ではない」→「だから痛くも怖くもないんだ」→ 「もう1人の自分」
となるところが「こんな怖い人がお父さんのはずない」→「だから本当のお父さんは怖くない」→「もう1人お父さんがいる!?」みたいな。

>>
父親の声が全く聞こえないというのも、『解離』が起こっていた可能性が高い。
解離性人格障害の代表が多重人格。

>>
すいません、ちょっと前に書いたものなんですが、
あのあと皆さんの返事を読んでいて、やはり気になったので、親に問いただしてみました。
その結果、ますますわけがわからなくなったので、これでもう書き込みはやめにしたいと思います。

・父親が暴れていたよね?
・あの頃浮気していたのか?
・父親は精神病なのか?
・俺は精神病なのか?

何を聞いても「そんなことはない」しか言わなかったんで、
こっちもちょっと強く出ようとしたところ、兄に制止されました。
しかし、その後真相を聞くことができました。

あの頃、たしかに家内で暴れていた時期があるということです。
しかし、兄が言うには「あのとき暴れていたのは、母さんの方だぞ」ということでした。
今は恐くて母親に話しかけられません。

『幼い頃、同じ父親が二人いた話』へのコメント

  1. 名前:牛の首 : 投稿日:2016/11/01(火) 20:26:03 ID:kyNzkxMjM

    心理学的に分析すると、あまりの恐怖に記憶が改変された可能性があるね。

メールアドレスが公開されることはありません。