自殺の名所でサバイバルゲームをした話

もう12年も前、オレが中学生だった頃。盆前に自殺者の多いことで有名な貯水池のそばでサバイバルゲームの夜戦をやった。まぁ始めた時間も遅かったので、3ゲーム目が始まる頃にはAM1時を過ぎていた。

その3ゲーム目が始まってしばらくしたら、相手チームの一人が絶叫しながら走ってきた。ゲームを中止して何事か?と聞くと、この先の木に幽霊が出たと言う。高さ4mはある木の上から顔だけの女が恨めしそうに自分を睨んでいたと言う。

確かに前年その付近で(女の)首吊り自殺があったんだが「何を馬鹿なことを」と5人で見に行った。そしたら見えたよ。それも5人全員でしっかり見たよ。オレ含めて4人が逃げ出す中、ソレに向かってエアガンをフル(オート連射で)撃ち込むM井。そいつは翌日から高熱で1週間寝こんだ。

『自殺の名所でサバイバルゲームをした話』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/11/18(金) 16:54:36 ID:QwMzkwMTA

    やめなはれ 自殺行為だわそれ

メールアドレスが公開されることはありません。