キャンプ場での不気味な一夜

以前、10数人の友達と某湖の近くでキャンプをしたときの恐怖体験です。
この日は夏の終わり頃で暑くも無くちょうどいい天候でした。テントは3張り設営し、他の人は車内で泊ることにしました。キャンプの準備が全て終わり、みんなで椅子に座りコーヒーなど飲みながら各自くつろいでいました。

外も薄暗くなってきた頃、ランタンをつけて皆でお酒を飲みながら話をしていました。お酒を飲んでいた友達の男性1人が怖い話をし始めました。このとき女性もいましたし、私も「やめよう!怖い話は」と言ったのですが、皆はお酒も入っていたので怖い話が止まりませんでした。私は嫌な予感がしていたので、「何もなければいいなぁ」と思っていました。

このキャンプをしたところには古い作りのトイレがありました。すると、女性1人がトイレに行きたいというのです。しかし1人では怖いので誰か一緒に行ってと言いました。私は「夜だから誰も見ていないし、トイレじゃなく影の草むらでしたら?」と言いましたが、女性3人はトイレに行きました。すると「キャー!!と叫ぶ声」がしました。私がトイレに行くと女の子達はおびえているのです。そうです「霊」がいたのです。

懐中電灯でトイレの中を照らしてみると、暗闇の中に男性3人が立っているのです。これは人間じゃない。すぐに女の子をテントの側まで連れてきましたが、女の子達は恐怖で泣いていました。その後私は1人でトイレに行きましたが、そのときは霊の姿はありませんでした。

皆はトイレに霊がいた事実を知り、怖くなったのか誰も話をしなくなりました。私は「どうしようか?夜の9時も過ぎているし、このままキャンプをするべきか迷いました。そしてトイレがある付近やその周りを見ると霊が数体いるのです。お線香をたまたま持って行ったので供養を始めました。すると霊達の姿は消えました。

1人の男友達がお酒を飲んでいなかったのもありますが、帰ると言い出しました。その話を聞いていた女の子達も一緒に帰ることになりました。私はこのとき「嫌な予感」がしていたので、急がないで帰るように注意し、車は走り出しました。

女の子を乗せた車は走り出しましたが、ライトを付けていたのに突然ライトが消えたのです。そしてその瞬間、ガシャーンと音がしました。私達は車の側まで行くと、橋のらんかんに車が衝突したのです。車の乗っている友達は無事でしたが、私達はキャンプをやめることにしたかったのですが、みんなお酒を飲んでいるので、この日はとにかく一睡も出来ませんでした。

次の日の朝、男友達1人の様子がおかしいのです。急いでお祓いをして元に戻りましたが、二度とこの場所でキャンプはしませんでした。1人の友達の車の窓に手の跡が残っていたのです。

『キャンプ場での不気味な一夜』へのコメント

  1. 名前:匿名 : 投稿日:2016/09/23(金) 00:30:01 ID:MzNzA2MzM

    ここ最近の話は読んでいてくだらないと感じ過ぎるというか、明らかに話のレベルが下のものばかりですね。

メールアドレスが公開されることはありません。