【筑波大学の都市伝説】「目」の木

筑波大学構内、ゆりの木通りという並木道に立っている木は、幹に枝を切り落ちした痕が付いていて、それがまるで目玉のように見える。そこを通る人は、多くの目に凝視されているような気になるのだという。


メールアドレスが公開されることはありません。