1年間続いた深夜のラップ音

12年ほど前に我が家で体験した話をします。
息子が産まれるまで家族3人おなじ部屋で寝ていて、ダンナと娘が寝静まってから私一人で起きていると、度々テレビの裏からカリカリ音がするんです。何かをかじるような音で、とても奇妙でした。うちは猫を飼ってるからまさかネズミがいるわけでもないだろうし、ゴキブリ?かと思い懐中電灯の光をあてて見ても何もいませんでした。普段からよくテレビの辺りでラップ音がしていたのもあり、カリカリと聞こえてるのもその類の?っていう方が強く思えました。

ある時、あまりにも気になるのでダンナを起こして音を聞いてもらおうとしましたが、ダンナが起きたとたん音が止みました。部屋の電気もつけて確認してもらいましたがやはり何もなく、信じてもらえませんでした。その後も音は何度かしましたが慣れてしまい、翌年まで続いてました。

その翌年までというのは、あるきっかけで中国気功の力で除霊もできるとゆう有名な先生のところで視ていただける事になり、その先生に話をしたところ、私が霊感あるために霊も存在を知って欲しくて寄ってきていて、カリカリと音で知らせたり、ラップ音で気付かせようとしていたようです。

カリカリ音は、餓鬼が骨をむさぼりつく様な音でした…先生からお守りとその場で手描きの御札(色紙いっぱいに書いたもの)をいただきました。それからカリカリ音はピタッとおさまり、家に霊が入ってくる事もほとんど無くなりました。ラップ音はたま~にありますけどね…

『1年間続いた深夜のラップ音』へのコメント

  1. 名前:通りすがり : 投稿日:2018/01/22(月) 09:11:58 ID:c4NDQ3ODA

    餓鬼が骨かじるのなんて聞いたことあるの…?『子供』の意味のガキ?霊感あるから餓鬼も見たのかな?

メールアドレスが公開されることはありません。